« どうしたら負けないか - 4 | トップページ | 沖縄の日本帰属について »

最上徳内

アイヌを助けた人

山形県村山市にアイヌの住居であるチセを復元した記念館があります。

そこには、最上徳内(もがみとくない・1755年~1836年)という江戸後期の探検の事跡が展示されています。

その最上徳内記念館では、徳内の生涯をこのように記しています。

1755年(宝暦5年)、現在の村山市楯岡に、貧しい農家の長男として生まれる。高宮元吉(たかみやげんきち)という名前であった。当時楯岡は宿場町として栄え、各地から産物や文人の交流があり、元吉は行商をしながらそれらから情報を得、学問をし、やがては江戸へ出て武士になることを志す。
1781年/26歳、江戸へ出た元吉は名を徳内(とくない)と改め、幕府の医管山田宗俊について医学、算術を、地理学者本多利明から測量術を学ぶ。1784年、高宮姓を最上(もがみ)と改め、幕府の蝦夷地検分使の一員として、蝦夷地にわたった。1791年には普請下役の武士となり、1798年、幕臣近藤重蔵らと千島を探検し、エトロフ島に「大日本恵登呂府(だいにっぽんえとろふ)という標識をたてた。それから1810年まで徳内は9回にわたって北方探検にあたり、著書に「えぞ草紙」ほか。1836年、江戸で死去。82歳であった。

しかし、徳内の功績は、探検家というよりも、アイヌ民族の救済に努めたことを評価したいのです。

もし、徳内の活動がなかったら、当時の松前藩のアイヌ人奪取は、アメリカ人のインディアンの虐待よりも更に悲惨なものとなっていたといいます。

日本人の中には、たんに領土を広げるだけではなく、一視同仁といった思想が根付いていて、それを実践するひとがいるのですね。

|

« どうしたら負けないか - 4 | トップページ | 沖縄の日本帰属について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

松本十郎という明治を代表する奥羽初の勅任官がいます。樺太からのアイヌ841人の暮らしの場を漁業のできない鉱山に留める事などできない、として北海道開拓使大判官を三八才でやめたのです。黒田長官は榎本武庸の金儲け路線でした。明治六年、西郷の広ク会議を興し万機公論に決すべしの路線が大久保路線に変わったからでしょう。松本十郎開拓使大判官がやめた意味が問題にされずにただ黒田長官とケンカしてぐらいにしかとらえられていないように見えます。松本十郎が去った北海道でアイヌがどうどうと生きてゆけたでしょうか?北の大地で生きるには食があれば生きてゆけたのです。食は豊富にあったのです。蝦夷もアイヌも。欲張りで生きなければ村中が仲よくくらせたのです。電化製品がなくとも熱帯植物を四つんばいで植えなくとも楽しく縄文の一万年を生きてきたのです。今、東北は山村も海辺も大雪と大つなみで無残です。おまけに東京の会社の人災ジコです。日本国民に繰り入れられてアイヌは幸福でしたか。東北の蝦夷はどうですか?アイヌと蝦夷が人間としての人権を中央から認められた歴史はあるでしょうか?アイヌの人権を認めたのが松本十郎であり、それを導いたのは最上徳内でした。大災害に中央の高額所得者はどれほど出すのでしょう。本気で今、だれもが生きることを考えるならば家族一人当たり1000万以上の所得はすべて税として出すべきではないでしょうか。アメリカの経済学者がいったように国民ひとりひとりに10万円支給してください。デンマークでは18歳以上にやっているというではありませんか。政党資金とか自分の金を減らさないことだけでなくこの国の誰もがいきて行けることを考える政治にして下さい。被災者ももらうことの要求だけでなく加害者でもあったことの心の反省があってもよいとおもいました。つい、いいたいことを全部いってしまいました。最上徳内が生きていたら、松本十郎なら、被災者アイヌに、蝦夷に、今、どんなことをいうか、考えました。私は年金だけで生きている戦中の苦も知る老人です。

投稿: 川辺の縄文人 | 2011年5月22日 (日) 18時22分

川辺の縄文人さま、いらっしゃいませ。
コメントをありがとうございました。
さて、松本十郎という人物は、存じ上げていませんでした。
そこで、今、Wikiwpedia 等で彼の足跡を見ました。
彼の北海道開拓史をみると、それは人間のドラマですね。
川辺の縄文人さまのコメントを読んでいたら、映画『北の零年』を思い出してしまいました。
たいへん興味深い人物ですね。
このように、当時の人たちの塗炭の苦しみのお陰で、現代を生きる我々は文明的な生活を享受しています。
しかし、今回の東日本大震災で、贅沢な暮らしに慣れてきたことについて、反省の機会を与えられたと思います。
今一度、明治初期の開拓史を翻って考えることも大切ですね。

投稿: あらま | 2011年5月22日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15668182

この記事へのトラックバック一覧です: 最上徳内:

» 生涯有効!医療事務 [医療事務]
医療事務 [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 09時45分

« どうしたら負けないか - 4 | トップページ | 沖縄の日本帰属について »