« 帝国主義 | トップページ | 芙蓉部隊 »

アサガオのつる

左巻きか右巻きか

小生の小さな庭には、毎年白いアサガオが咲きます。

隣の家のアサガオは、大きく鮮やかな青色の花を咲かせますが、拙宅のは、小さくて純白です。そして、隣の家のアサガオが咲き終わってからようやく咲き始めます。

それが、隣の人との会話の種になります。

「ところで、朝顔のつるは、右巻きなのかね、それとも左巻きなのかね・・・」。そんな会話を毎年します。

同じ会話を何回も繰り返します。

そして、「学者さんは、左巻きというけど、ホントは右巻きだよね・・・」と、また同じ答えが返ってきます。

一般の人の目線は、下から見下ろします。したがって、アサガオのつるは、時計回りの反対、つまり右巻きに見えます。ところが、学者さんの目線は、成長過程を重視しているようです。したがつて、地上から見上げているので、アサガオのつるは時計回りで成長していくということらしいのです。

昨日、大学のセンセイは左巻き(サヨク)が多いと書きましたが、そんなことも関係するのでしょうか ? ?

とにかく、北半球のアサガオは左巻き、南半球のアサガオは右を巻いて成長するようです。

まるで、水の渦のようです。(洗面所に張った水を流すと、南半球と北半球とでは逆になるというのですネ。台風の渦も、南半球と北半球とでは逆方向です。)

と、いうことは、アサガオの成長も、地球の回転方向と関係するのでしょうか・・・。

こんな具合に、毎年、同じことを考え、夏が終わっていきます。

本日は、大暑。梅雨が明けて、本格的な暑さに戻るらしい・・・。

【訂正】

アサガオのつるの巻き具合、ならびに水の渦の方向は、南半球とか北半球という位置には関係ないようです。

『Wikipedia』の、 「コリオリの力」 などで確認しました。

慎んで、訂正します。

|

« 帝国主義 | トップページ | 芙蓉部隊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>洗面所に張った水を流すと、南半球と北半球とでは逆になるというのですネ。
これは違います。
台風が右巻き左巻きになるのは規模が大きく、コリオリの力によるもの
簡単に言えば位置が違えば自転の速度差があるので必然的になるのです
しかし風呂の渦、海峡の渦の大きさではコリオリの力がでるほど距離の差がありません
あれは周囲の形状や粘性抵抗の差によって流れにズレがおき、結果として渦になるのです
ビンの中の渦も同じです

投稿: 佐為 | 2007年7月23日 (月) 08時04分

佐為さま、ご指摘ありがとうございます。
今、小生の横にいる学校を出たばかりの事務員さんに聞いたら、高校の先生が、「北半球と南半球とでは、水の渦の方向が逆だ」と、教えていたそうです。
そこで、ニュージーランドの友人にメールしたところ、
実際には、そんなことはないようですね。
また、アサガオのつる に関しても、北半球と南半球とでは逆にならないようです。
慎んで訂正します。

投稿: あらま | 2007年7月23日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15851868

この記事へのトラックバック一覧です: アサガオのつる:

« 帝国主義 | トップページ | 芙蓉部隊 »