« 働かない「働きアリ」の働き | トップページ | 官僚内閣制 »

言論の自由とは

「しょうがない」発言を擁護する

今朝の新聞は、防衛相交代劇を伝えていました。

久間さんから小池百合子さんに代わりました。おそらく防衛庁時代をふくめ、女性のトップは初めてでしょう。

ところで、久間さんを追いやったのは、自身の発言というよりも、その発言をリークした人に問題があると思います。

彼の発言の全容が、新聞紙上にも示されています。要旨を引用してみましょう。

日本が戦後、ドイツのように東西に仕切られなくて済んだりはソ連が(日本に)侵略しなかった点がある。

当時、ソ連は(日本に)いつ参戦するか着々と準備していた。米国はソ連が参戦まではしない(と考えていた)。ところが、日本がしぶとく、ソ連が(日本参戦に)出てくる可能性があった。(米国は)日本が負けると分かっているのに、あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参するだろう、そうしたらソ連の参戦を止めることができるということだった。

(米国は)8月9日に(長崎に)原子爆弾を落としたが、9日にはソ連が満州その他に侵略を始めた。幸いに(戦争が)8月15日に終わったから、北海道は占領されずに済んだが、間違うと北海道までソ連に取られてしまう。その当時の日本は、取られても何もする方法もないから、わたしはその点は、原爆も落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている。

それに対して米国を恨むつもりはない。勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るのかなということも頭に入れながら、考えなければいけない。  【引用終わり】

確かに、これをマスコミの前で発言をすることは、問題でしょう。

しかし、私立大学という場所で、内容は、一般論のひとつとして披瀝しただけで、原爆投下を積極的に容認したものではありません。

逆に、原爆の投下がなく、従来どおりのじゅうたん爆撃が続いた場合、それこそ未来に残す「種」さえも失うことになったかもしれません。

終戦当時内閣書記官長だった迫水久常氏の『終戦の真相』でも、昭和天皇は「種を残す」ことに触れられております。

当時の日本の気運は、一億総玉砕であったそうです。竹やりで、B29を突き落とそうという状態であったと戦争体験者は言います。

もし、完全に焼き尽くされていたら、日本の再生はなく、おそらく国土は分断されていたでしょう。

日本は、戦争終結を考えずに開戦し、本土が空襲され続けていても、降参しませんでした。

そうしたことを考えたとき、原爆投下の持つ意味を考えることは、言論の自由の範疇ではないでしょうか ?

ですから、マスコミは、平和思想をバックに言論統制しているとも思えますよ。

久間さんも、「勝ち戦とわかっていながら原爆を使った」アメリカに対して疑問を投げかけていました。そのうえで「しょうがない」と発言しているのですから、何の問題もないと思います。

こうした考え方も封鎖されてしまうようでは、日本は本当の平和を追求できないのではないですか。

防衛相が交代してしまったことは「しょうがない」にしても、「しょうがない」もいえないマスコミは、本当に「しょうがない」。

小生は、今後、マスコミが「しょうがない」と言った場合、それを追求したい。特に、朝日新聞を。

【参考資料 昭和天皇の終戦の詔 】 現代語訳:

 『余は、深く世界の大勢と、帝国の現状をかえりみて、非常措置をもって事態を収拾しようと欲し、ここに忠実にして善良なる汝ら臣民に告げる。

 余は帝国政府に、米英中ソの四国に対し、そのポツダム宣言を受諾する旨、通告させた。

 そもそも、帝国臣民の安寧をはかり、万国が共存共栄して楽しみをともにすることは、天照大御神からはじまる歴代天皇・皇室が遺訓として代々伝えてきたもので、余はそれをつねづね心がけてきた。先に米英の二国に宣戦した理由も、実に帝国の独立自存と東アジア全域の安定とを希求したものであって、海外に出て他国の主権を奪い、領土を侵略するがごときは、もとより余の志すところではない。しかるに、交戦状態はすでに四年を過ぎ、余の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、余のすべての官僚役人の精勤と励行、余の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、それぞれが最善をつくしたのにもかかわらず、戦局はかならずしも好転せず、世界の大勢もまたわが国にとって有利とはいえない。

 そればかりか、敵国は新たに残虐なる原子爆弾を使用し、いくども罪なき民を殺傷し、その惨害の及ぶ範囲は、まことにはかりしれない。この上、なお交戦を続けるであろうか。ついには、わが日本民族の滅亡をも招きかねず、さらには人類文明そのものを破滅させるにちがいない。そのようになったならば、余は何をもって億兆の国民と子孫を保てばよいか、皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊にあやまればよいか。以上が、余が帝国政府に命じ、ポツダム宣言を受諾させるに至った理由である。

 余は、帝国とともに終始一貫して東アジアの解放に協力してくれた、諸々の同盟国に対し、遺憾の意を表明せざるをえない。帝国の臣民の中で、戦陣で戦死した者、職場で殉職した者、悲惨な死に倒れた者、およびその遺族に思いを致すとき、余の五臓六腑は、それがために引き裂かれんばかりである。かつ、戦傷を負い、戦争の災禍をこうむり、家も土地も職場も失った者たちの健康と生活の保証にいたっては、余の心より深く憂うるところである。思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、もとより尋常なものではない。汝ら臣民の真情も、余はそれをよく知っている。しかし、ここは時勢のおもむくところに従い、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、それをもって万国の未来、子々孫々のために、太平の世への一歩を踏み出したいと思う。

 余はここに、国家国体を護り維持しえて、忠実にして善良なる汝ら臣民の真実とまごころを信頼し、常に汝ら臣民とともにある。もし、事態にさからって激情のおもむくまま事件を頻発させ、あるいは同胞同志で排斥しあい、互いに情勢を悪化させ、そのために天下の大道を踏みあやまり、世界の信義を失うがごとき事態は、余のもっとも戒めるところである。

 そのことを、国をあげて、各家庭でも子孫に語り伝え、神国日本の不滅を信じ、任務は重く道は遠いということを思い、持てる力のすべてを未来への建設に傾け、道義を重んじて、志操を堅固に保ち、誓って国体の精髄と美質を発揮し、世界の進む道におくれを取らぬよう心がけよ。汝ら臣民、以上のことを余が意志として体せよ。』

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4669/daitoua0815.html より、引用しました。

久間さんは、ポツダム宣言受諾が「しょうがない」といったわけで、そのポツダム宣言受諾の直接の原因となったのが、「原爆投下」であると言っているのです。

つまり、終戦を是認しているのですよ。

野党もマスコミも、久間さんの発言に反対するということは、昭和天皇の聖断に反対すること、つまり終戦に反対して、一億総玉砕に賛成するということですよ。

|

« 働かない「働きアリ」の働き | トップページ | 官僚内閣制 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15645385

この記事へのトラックバック一覧です: 言論の自由とは:

» 久間防衛相の辞任は選挙のために「しょうがない」だけのことなのか? [ド素人の政治・経済Q&Q]
久間防衛相が,「原爆投下はしょうがない」発言の責任を取る形で辞任した。 久間氏は [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 22時52分

« 働かない「働きアリ」の働き | トップページ | 官僚内閣制 »