« 原子力発電所の放射能漏れ | トップページ | 帝国主義 »

「アリ伝説」その後 - 2

働いているアリたち

小さいアリから大きいアリに入れ替えた翌日、アリたちは急に巣を作り出しました。

見ていると、穴を掘っているアリは、8匹中 1匹だけ。ときどき、もう一匹が手伝う程度です。

残りの 6匹は、動かなかったりウロウロしているだけです。

確かに、パレートの法則、つまり、10人中じっさいに働くのは 2人である・・・という法則は成り立つようです。

そんなわけで、本日は、アリの巣の穴は延長していました。

下のほうに延長しているのではなくて、なんと、U字型を描いて再び地上に戻ろうとしています。

どうも、飼い主に似て、間抜けのようです。

そして今度は、容器の両側を掘り出しました。

飼い主の希望通りな巣を作ってくれないようです。

|

« 原子力発電所の放射能漏れ | トップページ | 帝国主義 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15843196

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリ伝説」その後 - 2:

« 原子力発電所の放射能漏れ | トップページ | 帝国主義 »