« 朝っぱらから酒 | トップページ | 官僚の功罪 - 3 »

昭和20年 7月 26日 原爆模擬爆弾投下

島田空襲慰霊祭

静岡県の中央を流れる大井川。その岸辺に島田市があります。

その、島田市扇町に、昭和 20年 7月 26日朝 8時半ごろ、「パンプキン爆弾」と呼ばれる 5トンの爆弾が炸裂し、36人が即死したといいます。

昭和 56年には、祈念碑が建立され、犠牲者 47人の名前が刻まれているといいます。そこで昨日は、その慰霊祭が扇町公園で挙行されたそうです。

当時のアメリカは、マンハッタン計画を推進中で、アメリカ大統領だつたトルーマンは、日本の原爆投下に意欲的でした。

昭和 20年 7月 16日、アメリカのニューメキシコ州・アラモゴードで世界初の核実験が行わると、トルーマンは、日本への原爆投下にサインしました。そのとき「これで、日本も終わりだ・・・」と、トルーマンは夫人に語ったといいます。

つまり、日本のポツダム宣言の受諾など、降伏に関係なく、原爆を日本にどうしても投下したくてたまらなかったようです。

その精度を高めるために、アメリカ軍は島田市に模擬爆弾を投下したのでした。

|

« 朝っぱらから酒 | トップページ | 官僚の功罪 - 3 »

被曝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15913440

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和20年 7月 26日 原爆模擬爆弾投下:

» わさび(山葵) [大林 ブログ]
今日は静岡県の名産品を紹介します! わさびは静岡が全国の半分以上を生産する、静岡の名産品です [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 15時26分

« 朝っぱらから酒 | トップページ | 官僚の功罪 - 3 »