« 老朽化する新幹線 | トップページ | 国を売る者 »

鉄が汗をかく季節

梅雨に入りました

この季節になりますと、旋盤やフライス盤が汗をかいたものでした。

ところが、最近は汗をかきません。

そうなんです、工場にはエアコンが完備されています。

いえ、決して人間のためではありませんよ。機械や製品のために、工場・倉庫内、オールエアコンです。

湿度だけ管理していますので、浮遊する油の粒子は外より多いので、エアーコンデショナーなんていうには、ちと、恥ずかしい。

それでも、ホント、過ごしやすくなったものです。

昔の鉄工場なんて、暑いのがあたりまえ。

そんな環境で、自分で自分の工具を作っていたのですよ。

きさげ・ささっぱ・・・なんて言ってもわからない人が増えました。

とにかく、端材を利用して、自分が使いやすい形状に加工して、自分で焼きを入れる。

焼入れの加減も、何回も何回も、失敗を繰り返し、泣きながらやったものでした。

そうして、ようやく鉄をかじる工具を作ったものでした。

成形バイトも、超鋼チツプをロウ付けして作るんですよ。

いまでは、何でも売っています。カネさえ出せは、なんでもあります。

ですから、小生が小僧のころにやっていた苦労話なんて、誰も聞いてくれません。

たとえば、寸法を測ること・・・

現代の寸法測定は、デジタルです。確かに、素人が測っても正確な寸法が出ます。

ところが、小生の小僧ころは、そんな文明の利器なんてありません。小物の寸法は、カリパなんてものを使って、 1/100ミリが、カンでわかったものでした。

そのようにして、原始的な測定器も自分で作ったものです。

定盤なんてものも、当たりを見てからキサゲで調節して、それから測ったものです。

現代は、エアコン完備です。そうすれば、測定のズレがない ?

そんなわけないですよね ! !

|

« 老朽化する新幹線 | トップページ | 国を売る者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15430560

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄が汗をかく季節:

« 老朽化する新幹線 | トップページ | 国を売る者 »