« Kさんの年金問題 | トップページ | また二国間協議 »

同業者の仕業

痛みが感じない社会

一昨晩、昨晩と、高校の地区会に出席しました。

そこで、先生に対する過度な要求についても話し合われました。

さすがに高校ともなると、親も成長したらしく、小中学生の親のようなヘンな要求をしてこないそうです。

高校では、給食がないので、給食費の問題はないのですが、それでも、各種経費の引き落としができず、修学旅行にいけない子供たちがいるようです。

そして、進学や就職を控え、無理難題を唱える親があとを絶たないといいます。

たとえば、クラブ活動の練習内容に口出したり、登下校の安全を学校に求める声があり、それを確認もしないで直接教育委員会に訴える親があるといいます。

担当の先生にとって教育委員会で問題化されることはダメージを喰らうことは確かなようです。それを狙ったとかしか思えないような行為をする親がいるというのですね。

結局、先生の指導の問題ではなくて、親子の連絡、意思疎通の問題であることが多いそうです。

ところで、そうした問題を提起する親の多くが、なんと現役の先生なんだそうです。

つまり、同業者が同業者を批判しているのですね。

同じ先生なら、その痛み、苦しみがわかっているはず。ところが、敢えて痛み、苦しみを突くのはなぜでしょうか。

しかも、同業者なので、その痛みのツボがわかっています。そこを攻撃するのですからたまらないですね。

どうして、そんなことをするのでしょうか ? ?

そういえば、昨日のニュースで、スイカ泥棒の話しがありました。

犯人は、同業者の 80歳の男性。動機は、孫に美味しいスイカを食べさせたかったというのです。

米や野菜など農作物の盗難が相次いでいます。その犯人は、同業者が多いというのですね。同じような仕事をしているので、その農作物を作る苦労もわかっているはず。ところがいちばん美味しいところをゴッソリと盗むなんて、いったいどういった神経なんでしょうか ? ?

|

« Kさんの年金問題 | トップページ | また二国間協議 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15506489

この記事へのトラックバック一覧です: 同業者の仕業:

» 高校受験 [高校受験]
高校受験にはたくさんの情報があります。勉強法や偏差値、進学ナビや高校案内。多くの情報に押しつぶされそうになるのですが、効率よく情報を利用して勉強して合格をつかみ取ってくださいね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 17時32分

« Kさんの年金問題 | トップページ | また二国間協議 »