« 波の力で進む船 | トップページ | 師弟関係を築く »

便利な図書館ネットワーク

身近な国会図書館

小生は貧乏です。

酒を買う金はあっても、本を買う金はない。

そこで、頼りになるのが、最寄の市立図書館です。

読みたい新書をリクエストすれば、有害図書でなければ、2~ 3週間ぐらいで連絡が来ます。

また、そこの図書館になくても、全国の図書館ネットワークを利用して、スグに取り寄せて貸してくれます。

また、古い本でも全国の図書館から探し出してくれます。

これは、スゴイですよ。身近な図書館で、これだけのサービスが受けられるのです。

おかげで、小生は、最近は、文芸春秋という雑誌以外は、書籍を購入したことがありません。

おっと、こんなことを書いたら、書籍の売り上げ停滞に拍車をかけてしまうかもしれません。

ついでに、コピーサービスも充実しています。

新刊とか地図以外は、なんでもコピーしてくれます。

また、国会図書館ともつながっています。

小生の憲法研究の資料は、国会図書館より取り寄せていますよ。

詳細は、国会図書館のホームページをご参照ください。

|

« 波の力で進む船 | トップページ | 師弟関係を築く »

教育」カテゴリの記事

コメント

>新刊とか地図以外は、なんでもコピーしてくれます。

法律には疎いのですが、それって著作権とかに抵触しないのでしょうか???

投稿: 佐為 | 2007年6月 4日 (月) 22時53分

佐為さま、まいどであります。

なにをおっしゃいますか。著作権については、法学者よりもお詳しい佐為さまではありませんか ! !

ところで、小生が利用する図書館は、コピーは一枚50円で、枚数の制限はないようですね。
国会図書館の資料は、知人を経由してコピーしてもらっています。
なにしろ、目的の資料を探すのは大変な作業ですから、東京在住の知人にお願いしています。
さて、新聞の記事によりますと・・・・
ネットで国会図書館の蔵書をコピーしてもらう場合、
まず郵送や窓口で国会図書館の利用者登録を済まします。
次に、国会図書館のホームページを開き、資料の検索をします。
NDL→OPACの検索結果から複写を申し込みます。

「郵送複写」で連絡事項を記入して送信すれば、著作権法の規定で資料の半分までの複写物を郵送してもらえます。
本を複写する料金はA4とB4は一枚25.2円。郵送には包装料として国内で157.5円+送料が必要。合計金額の小数点以下は切り捨て。

投稿: あらま | 2007年6月 5日 (火) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15309993

この記事へのトラックバック一覧です: 便利な図書館ネットワーク:

« 波の力で進む船 | トップページ | 師弟関係を築く »