« 中国産、ウナギも危ない | トップページ | 強行採決について »

『日本人のための歴史学』

驚きの歴史観

久しぶりの本の紹介です。

上記の著書の著者は、岡田 英弘(おかだ ひでひろ)氏。肩書きは、東京外国語大学名誉教授。

この方の著書は、佐為氏の「本の紹介コーナー」ではじめて知りました。

ですから、彼の著書は、これで二冊目となります。

斬新な歴史観に、目からうろこ・・・であります。この本をひとことで評すれば「やっかいな隣人・中国とつきあう日本人のための歴史観」・・・とでもいうのでしょうか。

とにかく面白い。一読を薦めます。

しかし、本の内容よりも、著者の「学統」に注目しました。

この本の「あとがき」には、著者の師事した先生方の紹介が記されています。

つまり、この本の著者は、実際に先生から薫陶を受けるべく、門を叩き、弟子入りの懇願を重ねられたようです。また、原書を読むためだけに外国に渡ったり、まさに学徒、研究者の生涯です。

最後に『私はこれからも、分野別の歴史の壁を無視して、人を驚かせ続けるだろう。」と結んでいます。

『日本人のための歴史学 - こうして世界史は創られた ! 』 2007年 5月24日 初版発行 WAC BUNKO  ISBN978-4-89831-563-7  定価 : 933円(税抜き)

|

« 中国産、ウナギも危ない | トップページ | 強行採決について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15602215

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本人のための歴史学』:

« 中国産、ウナギも危ない | トップページ | 強行採決について »