« 電磁波と人体 | トップページ | 年金問題と朝鮮問題 »

よく噛むということ

食育は、大人にも

職人さんの世界では、

「怪我と弁当は、自分持ち」なんていいます。今で言う、「自己管理は自己責任で」ということなんでしょう。

また、どうしても職人さんは「早弁、早糞」になってしまいます。ボヤボヤしていると邪魔者扱いにされてしまいます。

そんなわけで、小生は、食事をするのが早いし、よく噛まないで飲み込んでしまいます。

小生の友人によれば、普通の親は「よく噛んで食べなさい」と、教育するのだそうです。しかし、小生の親は、そんな教育を小生らにしてくれなかった。

そんなわけで、現場にいたときは、痩せの大食いでありました。いまブレイク中の ギャル曽根 のように、体のどこにアレだけの食べ物が収まるのか不思議だといわれたものでした。

ところが、現場から離れたとたんに、小生の体はブクブクと太りだしたのですネ。

そうなると、体内脂肪も増える、つまり今流行の メタボリック・シンドローム体型になってしまったのです。

そうなると、体内脂肪で臓器が圧迫されて、いろいろなところに障害として現れてきます。

そのひとつが「腸閉塞」です。

つまり、食べ物をよく噛まないで飲み込むと、胃腸に負担がかかり、繊維質のものがそのまま塊となって腸を通過しようとします。ところが、腸も、体内脂肪で圧迫されていて思うように拡張しない。そこで、消化されない食物が詰まってしまう。このようにして腸閉塞が起こりやすくなるのだそうです。

小生の場合、若いころに大々的な開腹手術を経験しました。その際に、腸などが癒着してしまったようです。癒着した腸は、ぜん動運動などが制限されたり、キンク状態になって、食べものが通りにくくなってしまうのですネ。

そうした腸閉塞を何回も繰り返すので、最近、腹腔鏡による、癒着剥離手術をしたわけです。

この腹腔鏡手術は、カテーテルが通るほどの小さな穴を開けるだけの手術ですので、患者の負担が少なく、すぐに社会復帰ができるのが特徴です。

そうして、すっかり腸閉塞の原因を取り除いたかと思いきや、またしても一昨夜、軽い腸閉塞になってしまったのです。

病院の救急で点滴を受けて、なんとか入院しないで済みましたが、どうやら食生活に原因があるだろうということで、家内と一緒に、病院の栄養士さんに、小生の食生活を診断してもらいました。

すると、大食い、早飯しであることが判明し、注意を促されてしまいました。

あわせて、お酒も控えるように言われてしまいました。

その栄養士さんが言うには、昔の職人さんは、食べ物を飲み込む人が多いけれども、今の子供もよく噛まない子が多いそうです。

その理由は、家族と食事をする機会が少ないので、ゲームをしながら食べている子が多いそうです。その場合、食事のマナーを教えてもらう機会が失われているので、箸やスプーンを使わないで犬食いをする子が多いそうなんですネ。

しかも、最近の食べ物は、みんな軟らかい。しかも、魚なんて、骨が抜いてあるのですネ。

ですから、安心して丸呑みしてしまう子供が多いそうです。

そんなわけで、コンニャクゼリーも、普通のゼリーと同様に、丸呑みしてしまう。

その結果、コンニャクゼリーを咽に詰まらせて死ぬ人が増えているわけです。

つまり、コンニャクゼリーで咽を詰まらす事故は、製造者責任というよりも、食育を徹底させていなかった保護者や先生にも責任があるということなんですネ。

さういうことで、どうやら小生の腸閉塞の原因は、運動不足と食事の仕方に問題があったということです。

とくに、腸閉塞になったときの夕飯は、子供たちが父の日のプレゼントとして、マグロの最高部位をプレゼントしてくれたのです。

小生は、刺身が大好きです。それを一人でペロリと平らげてしまったのです。

そのマグロの最高部位には油が乗っていて、とろりと口の中で溶けてしまうような感じなので、食べるというよりも一気に飲み込んでしまったのです。

そんなことは、若いころはよくやりました。ぜんぜん平気でした。

ところが、年をとり、メタボ体型になり、あちらこちらが弱っていると、若かったころではなんでもないことが、いちいち引っかかってくるのですネ。

そういえば、普通に歩いていても、段差がないところでコケたりします。

家内に言わせれば「父さんの足が揚がっていない」そうです。

嗚呼、小生も、たった半世紀足らずで老体になってしまつたのでしょうか・・・・

これからは、意識して歩き、意識して食べなければなりません (>_<)。

|

« 電磁波と人体 | トップページ | 年金問題と朝鮮問題 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15486930

この記事へのトラックバック一覧です: よく噛むということ:

« 電磁波と人体 | トップページ | 年金問題と朝鮮問題 »