« 街で見るリヤカー | トップページ | よく噛むということ »

電磁波と人体

超低周波電磁波

電化製品や高圧電線から放出されているという超低周波電磁波が問題になっているようです。

周波数が300Hz(ヘルツ)以下の電磁波を超低周波電磁波といって、0.4 マイクロテラス 以上の強さの電磁波には白血病との関連が指摘されているというのです。

しかし、散歩中の小生に糞爆弾を投下するカラスが、電線に巣を作って白血病で死んだなんて話は聞いたことがありません。

この電磁波と人体との関係については、直接的な因果関係は認められないというのが政府の公式見解のようですが、実際にアメリカでは、特定の波長の電磁波の性質を利用した兵器も作られているというのですね。

そこで、WHO(世界保健機構)では、昨日 17日に「小児白血病の発症と電磁波との関連が否定できない」として、各国に法整備など、予防的措置をとるように勧告したそうです。

たしかに、小生のまわりを見ても、ダンプの運転手で違法高出力無線機を使っていた人は、歯が抜けるのが早かった。

小生の頭の毛が抜けやすいのも、若いころのアマチュア無線の乱用の結果でしょうか ?

そんなわけで、頭部の耳にぴったり当てて会話する携帯電話は、危ないんじゃないかと思ってしまいます。

少年少女にとって、最近のケータイは、メールの送信機みたいなもののようですが、小生のようなモノグサにとつて、ケータイはやはり会話専用機です。つまり、少年少女よりも頭にケータイを接近させて使う機会が多いのが大人のほうが、電磁波の影響を受けやすいのではないかと思うのです。

ですから、イヤホンマイクなどを利用して、なるべく体から離して使用するように、防衛策を実践したいと思います。

そういえば、羽田空港で、機長の命令に従わず、携帯電話をかけ続けていた暴力団員が、昨日、逮捕されたそうですね。逮捕まで至ったのは全国で初めてなんだそうです。

2004年 1月から、飛行機のトイレの喫煙や、機内での携帯電話の使用を禁じた航空法が施行されているようです。

そういえば、小生の住んでいる地域では、病院内のケータイは許可エリアを除いて禁止になっていました。

理由は、精密医療機器の誤動作を誘発する恐れがあるんだそうです。

そんなわけで、電磁波と機器との因果関係はあるようですね。

話は少し変わりますが、鳩は地球の磁石を標準にして目的地まで正確に飛ぶのだそうです。

ところが、最近、鳩のレースをしてもちゃんと戻れない鳩が多くなったといいます。

これは、人間の作ったものから強力な電磁波が発生していて、それで鳩の感覚を狂わしていると考えられているそうです。

どうように、イルカや鯨が迷子になって岸に打ち上げられているのも、人間の発生した電磁波によって方向感覚が妨げられたのだと考える学者さんもいるそうです。

小生の母も、だんだんと家に帰るのが難しくなってきましたが、それとは関係あるのでしょうか ?

小生が、飲んで遅くなったとき、家に帰るのが怖くなるのは、きっと家内が発する電磁波に反応しているからかもしれません・・・、アーメン。

|

« 街で見るリヤカー | トップページ | よく噛むということ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

正直言って電磁波の健康被害は証拠がないようです。私はこの件については以前だいぶ調べました。
スウェーデンの何とかドクターの調査報告がよく取り上げられますが、あの結論は送電線の影響があったとしても他の影響の方がはるかに大きいということだったはずです。
風評被害ではないでしょうか?

投稿: 佐為 | 2007年6月18日 (月) 21時01分

佐為さま、ありがとうございます。
生物のDNAは、いわゆる「砂糖」で作られているようですね。
その砂糖を分解したり融解する電磁波の周波数や強さは決まっていて、それ以外は安全だといわれています。
とはいえ、人間にとって未知の部分が多いので、電磁波がどの部分にどんな具合に作用しているのかはわからないとされているようです。それに、いままで安全だと思われていたのが安全でなかったり、またその逆の場合もあります。
こうした電磁波とか放射線は、五感に感じないところが、あるいみ怖いところです。
今後の成り行きを見たいと思います。

投稿: あらま | 2007年6月19日 (火) 08時04分

電磁波をキーワードにこのブログを拝見しました。
この記事は、多分、WHOが低周波電磁界の健康影響に関する環境保健基準文書を発行したことに関するものと思います。
このWHOの文書の原文を読まれました?

投稿: bemsj | 2008年1月28日 (月) 06時25分

bemsj さま、いらっしゃいませ。貴殿のホームページを拝見させていただきました。
ところで、お尋ねの文書は、環境保健基準238「極低周波電磁界」のことでしようか ?

投稿: あらま | 2008年1月28日 (月) 08時33分

>ところで、お尋ねの文書は、環境保健基準238「極低周波電磁界」のことでしようか ?

はい、そのつもりで書き込みました。

投稿: bemsj | 2008年1月28日 (月) 23時31分

その文書なら部分的な和訳なら読みました。「原文」は読んでおりません。

高レベルの電磁波は人体に影響があるが、低レベルのものの人体への影響は「明らかにされていない」・・・といった内容で理解しています。

投稿: あらま | 2008年1月29日 (火) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15475126

この記事へのトラックバック一覧です: 電磁波と人体:

« 街で見るリヤカー | トップページ | よく噛むということ »