« 松岡農水相、自殺 | トップページ | ミス・ユニバースに静岡県人 »

河川と水路

国土交通省と農林水産省とのバトル

呑気に職場に座っていたら、市役所から電話です。

なんでも「水門が開かないからすぐ来てくれ・・・」とのこと。

水門の開閉確認は、2月に全部済ませて、報告してあったはず・・・なんだろうと、行ってみました。

すると、水路の手動式の水門が開かなくて、田んぼに水を引けないというのですね。

じつは、私たちが一口に川といっても、大きく2つにわかれます。

ひとつは、国土交通省が管轄する河川ですね。よく○級河川といわれる川です。 もうひとつは、農水省が管轄する農業用水路。「水路」なんていいます。(船の航路ではありません)  同じように水が流れていても、「法律」が違うのですね。

そこで、水の流れを制御しているわけですが、管轄や法律が違うので、水門の管理のしかたも違うのですね。 水門の開け閉めを、勝手にやってはいけない法律なんてものもあり、また、定期点検や検査のきまりも細かくあります。

しかし、末路にいくほど、その微妙な水路の確保が必要となり、また、住宅や道路の開発で、勝手に水路を変えられてしまうこともあります。

ホントは、家庭排水は、水路には流してはいけないことになっているようですが、そんなキマリを守っていたら生活なんて出来ませんよね。 しかし、農業、稲作を守るためには、水路の確保は重要な問題です。

その水門が、開かないというのです。 小生が請けた仕事は、河川の水門。しかも、電気制御の水門です。 しかし、いつのまにか、農業用水路が混ざってしまっていて、下流に水路が分かれているのですね。

そこまでは責任を負えません。

ちゃんと管理していなかった、市役所が悪いのです。 しかし、こうした不法建築が多いのも実情ですね。 昔のように、生活廃水の質がきれいではなくなっています。

もういちど、整理したほうがいいですよね。

|

« 松岡農水相、自殺 | トップページ | ミス・ユニバースに静岡県人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15241803

この記事へのトラックバック一覧です: 河川と水路:

« 松岡農水相、自殺 | トップページ | ミス・ユニバースに静岡県人 »