« 保育料の滞納問題 | トップページ | 携帯電話  »

赤ちゃんポスト

今日の正午から運用開始

第一号は、誰か・・・と、アホなパパラツチが張っているそうです。

そんなわけで、話題満載の「捨て子箱」。

わたしは、反対ですね。

確かに、捨て子を引き受ける施設は必要かもしれません。

しかし、「箱」を介して、命を渡されることは、やはり納得できないですね。

とにかく捨て子は、昔からありました。

小生なんて、幼いころ親に反抗すると、親から「お前は、橋の下から拾ってきたんだぞ ! 」と、驚かされ、おとなしくなったものでした。

また、中国の日本人孤児の問題も、戦争中の捨て子ですよね。そんなわけで、「捨て子」とは、やむをえない行為だったと思いますが、いまのこの豊かな世の中で、捨て子はないだろう・・・と、思いたくなります。

ですから、安倍総理が言うように、若い人は、将来人の親になるのですから、子供がない時点から、親業を感ずる必要があると思います。

しかし、そうは言っても、できてしまって育てられない事情があるのだそうですね。

そのときは、そうした施設に出向いて、ちゃんと向かい合って、自分の子供を施設にゆだねるべきです。

機械を通すから、善悪の意識がなくなってしまうのも、なにも借金ばかりではないようですね。

でないと、本当に命だけでなく、自分が人間であることを捨てることになってしまう・・・・

さて、この「赤ちゃんポスト」には前例があったようです。

20年前に、群馬県の前橋市に、プレハブ小屋で「天使の宿」というのか゛あったそうですね。

当時は、コインロッカーに赤ちゃんを捨てる事件が続発し、それに心を痛めた有志が開設し、6年間に 10人ほどの赤ちゃんが置かれたそうです。

「必ず引き取りに来ます」と置手紙を置いた母親もいたそうですが、結局引き取りに来た人はいなかったようですね。

結局、「天使の宿」の中のベットで死んでいる赤ちゃんが見つかり、その活動は終わったそうです。

|

« 保育料の滞納問題 | トップページ | 携帯電話  »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/15021065

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんポスト:

» 借金返済 [ショッピング枠現金化 破滅への道]
借金が出来たことは仕方がない部分があります。 借金という起こった出来事に対しては責任がありますが、借金返済についての智恵も必要ですよ。 [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 21時04分

« 保育料の滞納問題 | トップページ | 携帯電話  »