« 憲法改正 | トップページ | ガンダム・エイジ - 2 »

長崎市長、凶弾に倒れる

17年前の悪夢、再び

昨夜、長崎市長が拳銃で撃たれ、死亡したといいます。

新聞などの報道によれば、犯人は 59歳の暴力団幹部で、思想的背景ではなく、個人的怨念で犯行に及んだといいますが、詳細は不明です。

それにしても、「また長崎市長か ! ! 」という思いです。

17年前にも、本島等さん(前長崎市長)が、右翼団体幹部に銃撃され重症を負う事件がありました。

その時は、幸いにも一命を取り留めましたが、今でも心身ともに後遺症に苦しんでおられるようです。

小生は、強い憤りを覚えます。

どんな理由であれ、暴力に訴えることは絶対にいけないことです。

どうしても聞き入れてもらえない事情はわかる部分もありますが、それが暴力肯定の理由には絶対になりません。

伊藤一長 長崎市長のご冥福をお祈りします。

|

« 憲法改正 | トップページ | ガンダム・エイジ - 2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/14751740

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市長、凶弾に倒れる:

« 憲法改正 | トップページ | ガンダム・エイジ - 2 »