« 慰安婦問題、再調査へ | トップページ | 三寒四温 »

小倉庫次侍従日記

昭和天皇の記録、四度

本日、ようやく精読を終えました。

文芸春秋の『小倉庫次侍従日記』です。(『文芸春秋 2007年4月号』)

昨年の日経の「メモ」は、この際除外して、『昭和天皇独白録』『木戸幸一日記』『入江相政日記』に次ぐ、超一級資料の公開です。

今までの資料を補完するもので、これで、昭和天皇の支那事変以降のお考えの様子が分かってまいりました。

激動の昭和期を頂上におられた昭和天皇。

ここでもその感想は控えますが、日本の国体の淵源を知る思いでありました。

世界の中の日本、そして伝統国家日本の行く末を真剣に考えておられた様子が、よく分かりました。

|

« 慰安婦問題、再調査へ | トップページ | 三寒四温 »

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/14251064

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉庫次侍従日記:

« 慰安婦問題、再調査へ | トップページ | 三寒四温 »