« 北朝鮮に甘いアメリカ | トップページ | 国防意識について »

静岡空港問題

官僚的金銭感覚

昨日、帰宅して一杯やり始めていたら、NHKで、静岡空港についての特番を放映していました。

家族と会話しながらで、まじめに見たわけではないのですが、途中大変気になる場面を見て、深く考えさせられてしまいました。

それは、石川静岡県知事の経済感覚です。

つまり、静岡県民は、空港開港後にその負債が雪ダルマ式に増えることを懸念しているわけですね。

静岡空港を運営すると、だいたい、毎年 約 6~10億円のマイナスが生ずることは、どの経済団体でも予想しています。

この番組の中でも、石川知事は、だいたい 5億円強のマイナスを見込んでいるというのです。

つまり、最初から、毎年 5億円強の負債が累積することを予め見込んでいて、それでも開港に踏み切ったというのですね。

おいおい・・・、先日の議会の答弁は、償還可能だと言っていたではないですか ?

そして、そのぐらいのマイナスは、たいしたことない・・・なんて言う始末。

その例として、東静岡駅に隣接する総合イベント施設「グランシップ」の例を挙げたのです。

このグランシップは、当初の計画よりも、利用率が少なく、毎年 8億円の赤字です。

その赤字の埋め合わせを、県税でまかなっているのですが、しかし、そうした「ハコモノ」のお陰で、静岡県の文化の振興に大変貢献している・・・と、石川知事は強調していました。

その発言に、番組に出ていた司会者を含めた一同が、一瞬言葉を失ってしまったようです。

勿論、その番組を見ていた小生も、唖然としました。

いったい、このひとの金銭感覚は、どうなっているのでしょうか。

「ハコモノ」をつくれば、あとは何とかなる・・・なんて、思っていませんか。

考えてみますと、県立美術館でも、ロダン館を作ったわけですが、もちろん本物のロダンです。

そのために、すごいほどの県税が使われました。

最初から、採算を度外視した無謀な計画でした。

なぜ静岡にロダンなのか ? ?   今も、県民の多くは、 ? ? です。

また、日韓ワールドカップの時に作った、サッカー場(総合運動場)も、その翌年には売り出しをする報道がありました。もちろん、買手なんていません。毎年生ずる赤字は、毎年5億円を超え、これも県税から補填されているといわれています。

また、防災船「希望」も、波が高いときには運行できず、結局、100億円の赤字を残して廃船へ・・・。その船体の処理に、いまももめています。

これら全て、県民の懸念を強行に押し切った結果です。

いままでにも、こうした「ハコモノ」を作っては、多くの負債を残しているのにもかかわらず、さらに膨大な負債が予想される地方空港を強行に開港させることは、どう考えても、おかしいのですね。

そして、反対派から、遂に焼身自殺をしてまでも空港反対を訴える人まで現れたのです。

ですから、NHK静岡も、こうした状況をみて、敢えて特番を組んだのだと思います。

そうしたら、石川知事から以上のような発言があったわけです。

つまり、負債よりも「効果」を重視する、官僚的思考です。

しかも、その「効果」の判断は、県民による評価ではなくて、知事自身の自己評価なのです。

県民は、「効果なし・・・」と、言っているのに、知事は、「効果あり・・・」と、いっている。

どうもも特定の、少数の企業や団体にだけ、利益があるようで・・・・

やはり、連続 4期の長丁場では、知事の判断もそんな具合なのでしょうか ?

|

« 北朝鮮に甘いアメリカ | トップページ | 国防意識について »

話題」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
少し違った面から見たコメントになりますが。
本来,「ハコモノ」は地域経済に対するカンフル剤のようなもので,それで勢いづいて本格的に活性化するという効果を狙ったものだと思います。
しかし,国が全体的に,地域を活性化しようという気運に欠けているために,「ハコモノ」の効果が出にくく,カネばかりかかる延命治療のようなものになってしまっているところがあるかなとも思います。
ただ,だからといって,それに乗じてあるいは挑戦することなく,私利私欲のためにあるいは無策のままに「ハコモノ」に走るのが許されるとは思いませんが。

投稿: WontBeLong | 2007年2月17日 (土) 23時20分

私の田舎にも地方空港があります。友人の市会議員は推進派で開港のときは大阪まで行き初飛来の飛行機に乗ってきました。私は田舎を出るまでその空港を使ったことは一度もありませんでしたが、なにか誇らしく感じたものです。
WontBeLong様のおっしゃるような意義もあると思いますし、地方の誇りという観点もあります。
今、東北地方は人口が毎年毎年減り、各自治体の人口も減るばかりです。福島県では前年人口が若干でも増えたのはたった2自治体であったそうです。何もせずに座して死を待つのか、なんとかしようと空港を作るのか、ハウステンボスを作るのか、田舎であることを売りにするのか、そのほかのことをするのか、そこだと思いまう。もっとも神戸や静岡は空港の必要性はあまりないでしょうけれど。
もちろん赤字垂れ流しでは困ります。

投稿: 佐為 | 2007年2月18日 (日) 10時29分

WontBeLong さま、コメントありがとうございます。
地盤沈下が続く、地元産業の‘カンフル剤’としての「ハコモノ」という位置づけでしょうが、いままでそのような理由付けでたんさんの「ハコモノ」が作られ、閑古鳥がコーラスです。
「ハコモノ」による累積赤字は、信じられない額です。
そこで、県内の森林がほとんどが国有林なのに、新たに「森林税」という県税を設けたりしています。
次に、静岡空港を運営する会社の実質的な‘主’は、スズキ(自動車)です。
既に、スズキは空港の隣接地に工場をつくり、また開港に併せて設備の増設を発表しています。
地元では「スズキ空港」と呼んでいます。
それなのに、予想される赤字は県民が負担するなんて・・・。

投稿: あらま | 2007年2月18日 (日) 12時07分

佐為さま、コメントありがとうございます。
確かに、地方空港の必要性は、その地域性によっては必要だと思います。
でも、日本地図を開くまでもなく、なぜ静岡に空港が必要なのでしょうか。
確かに飛行機は、乗ってしまえば早いかもしれませんが、乗るまでにもたつきます。
例えば、静岡駅から福岡までを考えてみます。
新幹線ならそのままで五時間。
ところが、新空港を利用するとして、それまでのアクセスに一時間。搭乗手続きに30分。そして、飛行機で一時間半。つまり、3時間以上かかります。
そこで、新幹線なら何本も便がありますが、飛行機では数本ですね。
そんな利便性で、はたして利用する人がたくさんいるでしょうか。
また、ほかの地方空港でも、東京便がない空港は、目に見えて廃れています。
つまり、静岡空港の国内線としては、北海道便、鹿児島便、沖縄便など以外は、あまり意味がないのですね。
それでは、国際線ならどうか ?
スグ横には、セントレア(中部国際空港)があります。
それをみただけでも、静岡空港の意義なんてあるでしょうか ?
不便な便数を待っているよりも、近くの空港を利用したり、東名高速、新幹線を利用したほうがはるかに便利だと思います。
それなのに、なぜ、東海道新幹線のトンネルの上に空港を作るのか・・・。
空港からは、富士山と共に、スグ横を通る東名高速や東海道本線の鉄橋が見えるのです。
加えて、航空自衛隊の静浜基地が見えます。
飛行機が密集している地域に、なぜまた空港を作るのでしょうか。
そういうわけで、まつたくその価値が見出せない、全国で90番目の空港です。
陸の孤島なら、また東京、名古屋のような都会ならば、空港の価値がありそうですが、どうして「静岡」なのか、県民の誰もに聞いても ? です。

投稿: あらま | 2007年2月18日 (日) 12時26分

重ねてお邪魔します。
自分のブログにあんな記事を書いておきながら言い訳がましいですが,静岡空港そのものは,あらまさんのお話を拝見していると問題は多いのかと思います。
しかし,私が常々気になっているのは,国全体での地方軽視の雰囲気,あらまさんのようにきちんといろいろな情報を踏まえての批判であればいいのですが,地方のハコモノに対する頭ごなしの批判などです。
東京でマラソンをやるというと,10万人もの応募があったというのも,何となく複雑な思いがします。
ちなみに,私は空港とJRを両方利用できる環境に住んでいますが,出張にはできるだけ飛行機を利用します。やはり,乗り物に乗っている時間が長いと疲れるので,仕事をする気がなくなってしまいます。空港が遠ければ同じ事ですが。
それから,狭い国土で飛行機をたくさん飛ばすのは,エネルギーの効率利用や環境保護の面を考えると,最適な解ではない可能性は大きいとも思います。
しかし,やはり何らかのかたちで国内の人とモノの物理的な移動を迅速かつ低コストに行う方策を考える必要があると思います。
すみません,あらまさんの記事とは方向の違う議論になってしまいました。

投稿: WontBeLong | 2007年2月18日 (日) 23時44分

WontBeLong さま、重ねてコメントありがとうございます。
静岡空港の場合、特定の産業家以外は反対という構図です。
つまり、右とか左とか、環境問題とかではなく、単に膨大な赤字が予想できるので反対ということです。
もし、それがなければ賛成です。
小生も、赤字は出ないという前提で、開港に向けで強力に推進してきました。
ところが、この近年で、予想と現実とに大きな開きがあることが分かり、こけは後世に禍根を残さないように、途中で断念できる段階で、住民投票をすべきだと思いました。
ところが、それすら遮断して推進したことに警戒感を持ったのです。
でなければ、反対はしません。
とにかく、地方を結ぶネットワーク作りには賛成ですが、あくまでも収支のバランスが取れることが前提だと思います。

投稿: あらま | 2007年2月19日 (月) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/13938308

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡空港問題:

» 焼身の意味 [アビシュカール]
先週おきた、県庁の前で空港建設反対を訴えての焼身自殺 私は空港について、関心も知識も持っていない。 たぶん、新空港の必要性を感じていない。 「自殺現場、道路が黒くこげてお花とお茶がお供えしてあった」 当日帰宅した娘が、ちょっと興奮しておしえてくれた。 この事件、新聞のあまりの扱いの小ささがとても疑問だった。 子供たちの間でさえ、そんな疑問は湧いていたという。 痛ましい出来事そのものよりも 公共性の高い空港について、一市民が起こした抗議の事件 地元メディアとして、きちんと取り上げ... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 09時12分

« 北朝鮮に甘いアメリカ | トップページ | 国防意識について »