« アメリカを利用した中国の情報戦 | トップページ | 給食費未納問題 »

リナックス、利用促進へ

Winビスタに対抗

Wikiで発展を遂げている無償の基本ソフト「リナックス」。

ちょいとマニアックですが、利用者は結構多いようですよ。

世界でも、日本でも、0Sは、マイクロソフトのウィンドウズが圧倒的なシェアを占めているようです。

しかし、コスト削減を目指す企業としては、無償のリナックスは魅力みたいです。

そこで、いままで個別にリナックスの開発を進めてきた OSDL と FSC が統合。新たに「リナックス財団」を設立するもよう。

主要参加メンバーは、富士通、日立製作所、NEC、インテル、IBMなど。マイクロソフトのご機嫌を伺いながら、脱マイクロソフトも目指しているようですね。

こうした動きにマイクロソフト社も反応していて、昨年 11月にはリナックスのソフトウェアを開発している米ノベル社と技術提携しています。 【ニューヨーク 共同 参考】

ところで、日本で一番使われている OSは、東大の坂村教授が開発した トロン。おもに家庭電化製品や自動車エンジンの制御装置のマイコンに使われているので、台数としては日本で一番ということになっているようですね。これも、Wikiなんだそうですよ。

|

« アメリカを利用した中国の情報戦 | トップページ | 給食費未納問題 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/13631272

この記事へのトラックバック一覧です: リナックス、利用促進へ:

« アメリカを利用した中国の情報戦 | トップページ | 給食費未納問題 »