« 横浜事件、控訴棄却 | トップページ | 宮崎県知事に政治不信「そのまんま」 »

映画「南京」上映

本格上映ははじめて

【ロサンゼルス = 共同】 旧日本軍が 1937年 11月から翌年にかけて中国・南京で起こした南京大虐殺をテーマにしたドキュメンタリー映画「南京」が 20日、米ユタ州で開かれたサンダンス映画祭で上映された。関係者によると、本格上映は初めて。アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞を受賞したこともあるビル・グーテンタグ氏と、ダン・スターマン氏が監督。南京市民を旧日本兵による殺害や暴行から守るため、非難区域をつくった欧米系ビジネスマンや宗教関係者の姿を描いた。

南京大虐殺をテーマにした映画は、これまでにも作られていて上映されているようです。

日本では、中国側が主張するような虐殺はなかったことが定説になっていますが、ここにきて再び再燃する形となりそうです。

今回は、旧日本兵の残虐さを表すものというよりも、欧米人の活躍を描いたものとされていますが、ドキュメンタリー・タッチで描かれているようですので、それが既成事実化されてしまうことが懸念されます。

|

« 横浜事件、控訴棄却 | トップページ | 宮崎県知事に政治不信「そのまんま」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/13612666

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「南京」上映:

« 横浜事件、控訴棄却 | トップページ | 宮崎県知事に政治不信「そのまんま」 »