« 投げ銭文化 | トップページ | 区別がつかない »

こっそり悪行

みられていないから

三面記事は、あいかわらず、事件、事故を通してモラルの低下を嘆いているようです。

企業の倫理の他に、詐欺、横領、背任なども、毎日のように報道されています。

そうした罪を犯す人の中には、時効を狙った輩もいます。

つまり、過去の罪がバレても、時効後であれば無実だと勘違いしている人たちがいるのですね。

時効ということは、罰せられないだけであって、罪が消えるわけではないのです。

罪の意識がある人なら、十字架を背負うことになるのですが、そんな意識がまったくない連中は、時効が過ぎれば儲かったと思うだけのようです。

そうした意識の低下は、日本人的な思考ではないですね。

このところ、どんどん日本人の意識レベルが下がっているのは、外国人の流入現象と無縁ではないと思います。

犯罪の手口も、大胆緻密で計画的。自己満足のために情のかけらもないことが、最近の犯罪の特徴だと思います。

Webの情報を見ていますと、まるで治外法権地域で好き勝手をしているように思うところがたくさんあります。

‘あちらの世界’も‘こちらの世界’も、法が及ぶことをシッカリ理解しなければならないと思います。

|

« 投げ銭文化 | トップページ | 区別がつかない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/13556383

この記事へのトラックバック一覧です: こっそり悪行:

« 投げ銭文化 | トップページ | 区別がつかない »