« 『東京タワー』 | トップページ | 鉄血勤皇隊 »

モノの価値

いったい、どうなってんじゃ ?

「命は、地球より重い」なんて、スゴイことを言った人がいました。

つまり、仏教で言う「無量」と言うことを西洋風に訳したらそうなったのでしょう。

はかりしれない・・・と、言えば、

今を騒がす 60億円男、松坂大輔投手の一球の値段が、55万円。

クリスマス・ショーで、マイケル・ジャクソンとの臨席のプラチナチケットの値段が、40万円。

そして、石原慎太郎都知事のアメリカ滞在のホテルの一泊の値段が、26万円。

それらが、高いなのか、安いなのか知りませんが、おそらく、需要と供給とか交わったところなんでしょう ? ?

Photo_81 ところで、昨日の参院教育基本法特別委員会での民主党議員、蓮舫さんの質疑を聞いていて驚きました。

以下、彼女のホームページから抜粋してみますと・・・、

 しかも、内閣府がタウンミーティングを発注する広告代理店に示していた「仕様書」での「契約単価内訳表」では、あまりにも常識とはかけ離れた経費を認めていたことが明らかになりました。
 タウンミーティングに参加する大臣を空港(または駅)でお出迎えをし、車寄せで待っているハイヤーまでご案内をすると15000円。
 会場でハイヤーで到着した大臣をお迎えしてエレベーターまで案内すると40000円。
 大臣が降りたエレベーターから控え室まで案内すると15000円。
 さらに、大臣がエレベーターを待たないようにボタンを押す係には5000円。
 そうした経費を認めたうえで開催されたタウンミーティングの費用は一回平均900万円。

内閣府の教育基本法改正のタウンミーティングの一回の費用が、なんと平均1,000万円以上であるという内閣府の発表が先日報道されました。

さくら料に5千円。まあ、これはどこでもやっているから普通かな・・・と、思っていましたら、蓮舫議員のこの指摘に驚いてしまいましたよ。

なぜ、一人の閣僚を案内するために、片道7万5千円の予算を組むのか ?

いちいち、駅からホテルの玄関、玄関から会場入り口、会場入り口から着席まで、3つに分ける必要があるのか。

エレベータの案内で、ボタンを 2回押すだけの仕事。恐らく、5分もかからない仕事に 5千円を組むとは一体なんじゃ ? !

世の中には、正社員になれなくて、アルバイトに甘んじている人の時給は、せいぜい 800~900円。

閣僚の案内に、60億円男、松坂投手級の人を当てなければならないのでしょうか ?

きっと普段から、閣僚の案内にそのような予算の組まれ方がしていると想像するに難くないでしょう。

|

« 『東京タワー』 | トップページ | 鉄血勤皇隊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/12792167

この記事へのトラックバック一覧です: モノの価値:

« 『東京タワー』 | トップページ | 鉄血勤皇隊 »