« NHKのデンパ放送 | トップページ | 高性能偵察衛星の打ち上げ容認 »

皇室を敬う

父祖の後姿を見て

今日は立冬。 暦の上では冬です。 そして、もうすぐ新嘗祭です。

当県でもその新嘗祭に献上する柿や鰹節の発送が、ニュースになっています。

献上品を任せられるということは、業者にとってこの上もない栄誉なことで、喜びでもあります。

とにかく献上品を取り扱う場合は、禊祓などの儀式を行い身を引き締めます。

そして、全身全霊をもって業務に当たります。献上品を育てる畑の草取りにも、工場の掃除にも身を清めてからあたります。

そうした父祖の姿をみている子供たちは、理屈は分からなくても、社会の優先順位を覚え、敬う気持ちが育ちます。

そして、父祖たちが感謝の気持ちを添えて献上する皇族とは、どんなに尊いものかを知ります。

ある人は白装束になり、あるひとは正装をしています。いつも笑っている父祖が、その日は緊張した面持ちで仕事をしています。

秋の収穫祭が終わった村は、国家の収穫祭に向けて、粛々と作業が進められています。

収穫したものから献上品を選び、皇室や靖国神社に持参します。

|

« NHKのデンパ放送 | トップページ | 高性能偵察衛星の打ち上げ容認 »

皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/12587899

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室を敬う:

« NHKのデンパ放送 | トップページ | 高性能偵察衛星の打ち上げ容認 »