« 自殺は美学ではない | トップページ | 北朝鮮への援助 »

子供の携帯ゲーム機

葬式中にもピコピコ

3_2 SONYのプレステ 3に人気が集中していると言います。5万円とはいえ、次世代DVD・ブルーレイが再生できるとして、その価値は倍だといいます。事実、今朝のニュースでは、ネットオークションで定価の倍の値がついたと報じられていました。

家庭用ゲーム機にかかわらず、携帯用ゲーム機、またはケータイ電話に付属しているゲームなどが人気で、拙宅があるこんな田舎でも普及していました。

さすがに教育が徹底 ? されているらしく、マナーモードで静かにやっておるようですが、それでも葬式中ともなると、そのしぐさやキーを叩く音が気になります。

その件で、友人の社会科教師に聞いてみました。

そしたら、今の教育方針では、子供がおとなしくゲームをしているときはそのまま放置しておくのが最良の方策なんだそうです。

もし、そこで、ゲームを禁止させたら、子供は落ち着かなくなり、周囲に迷惑を掛けるから、道徳的観点からも、葬式中でもゲームをやらせるのだそうです。

その言葉を聴いて、小生は一瞬、思考停止してしまいました。

Seed_2   まあ、小生の横に座っている新米部長の机の中には、ガンダムのフィギュアーが潜んでいるご時世です。

いまに、社長の机に、ガンダムSEEDが勇ましく立っている日も、そう遠いハナシではないでしょう。

なにか、書いているうちに、バカらしくなってきました。

|

« 自殺は美学ではない | トップページ | 北朝鮮への援助 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ゲームをさせておけば、子供たちは黙っている、よかったよかった・・・」
ということですよね。

これは、大人が「教育」を放棄しているように思えてなりません。

投稿: hayato | 2006年11月13日 (月) 22時47分

人間には一本骨が通っていないといけないと思います。
まあ古いといわれればそれまでですが
骨のない人間は脊椎動物ではなく、アメーバです。
朝日新聞はアメーバを増殖しているようです。

投稿: 佐為 | 2006年11月13日 (月) 23時13分

hayatoさま、まいどありがとうございます。
放任主義ではなくて、親権の放棄ということですか・・・。
マナーが悪いということで、他人の子供を叱れば、その親から逆に叱られてしまう世の中です。
核家族、個人主義の至った結果なんでしょうか・・・。

投稿: あらま | 2006年11月14日 (火) 11時28分

佐為さま、ありがとうございます。
朝日のコラムニストの世代交代の成果なのでしょうか、それとも朝日の社内監理が行き届いていないのでしょうか、たまにはよいことを書くことがあります。
しかし、所詮、朝日です。縦からでも斜めからでも読めるようになっていて、常に逃げ場を作っています。
ところで、朝日の週刊誌が、宮内庁からまたまた注意されたようです。
朝日の東宮妃バッシングは、目に余ります。

投稿: あらま | 2006年11月14日 (火) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/12666750

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の携帯ゲーム機:

« 自殺は美学ではない | トップページ | 北朝鮮への援助 »