« ディープインパクト、年内引退へ | トップページ | 憲法停止 »

地産地消

美しい日本の恩恵

日本という国は、食料の自給率が先進国の中では最低で、30% とも 40% とも言われております。

それなのに、流通の過程で、実際に使われないで捨てられる食料が、全国で毎年 13億円分あるという新聞記事もありました。

また、減反政策で、休耕田に国費が使われています。

加えて、第一次産業も後継者不足で、日本の食糧自給事情には難しい問題が山積しております。

そんななか、拙宅のエンゲル係数は低いですね。 10%以下です。

いぇ、小生が高所得者ではありません。

実は、近所や親戚に、食料品を戴いて生活しております。

生活究困家庭といわれても仕方がありませんが、前には海、後ろは山、右は川、左は田畑という僻地に生活しておりますので、買いに行くまでもなく、食料が容易に採れるところで生活をしています。

今朝は、生のサンマと土のついたサトイモをご近所から戴きました。

イナカは交通に不便ですが、それだけに自力でまかなわなくてはなりません。よく芸能人が 一万円/月 生活をする番組がありますが、当方はその類です。

地産地消。旬の食べ物を、おいしく戴く。贅沢をしなければ快適な生活が出来ます。

【参考】 エンゲル係数 = 食費/総所得                   一般に所得の高い人ほどエンゲル係数は低いとされ、この数字で貧富の様子を比較した。

|

« ディープインパクト、年内引退へ | トップページ | 憲法停止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/12253138

この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消:

» _●浜大津こだわり朝市 地酒や地ビールなど、安全と地元産と伝統にこだわった商品が販売 [お酒ブログ情報トラックバックセンター]
 大津市の市民団体が毎月1回、京阪浜大津駅前の歩道橋広場で行っている「浜大津こだわり朝市」が15日で3周年を迎える。安全と地元産にこだわった商品が人気を呼び、地域の行事として定着している。 [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 23時32分

« ディープインパクト、年内引退へ | トップページ | 憲法停止 »