« NHKの国際放送 | トップページ | 独り暮らし »

ディープインパクトから禁止薬物

凱旋門賞で理化学検査

  日本中央競馬会(JRA)は19日、凱旋門賞(1日・ロンシャン競馬場)で3着だったディープインパクトの理化学検査で、禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたと発表した。フラPhoto_58 ンスの競馬統括機関であるフランスギャロから報告を受けた。

 今年限りで引退することが決まっている昨年の3冠馬ディープインパクトは、G15勝の実績で世界最高峰レース、凱旋門賞に挑戦したが敗退。帰国後は東京競馬場で着地検疫を受けながら、29日の天皇賞・秋出走に向けて追い切りも行っていた。 【共同】

びっくりしましたね。ホントだったら、がっかりです。

NHKのニュース放送によれば、検出された薬物は、「イプラトロピウム」という呼吸を楽にする働きのある薬物だそうです。日本中央競馬会によりますと、フランスの競馬では禁止薬物に指定されていますが、日本の競馬では指定されていないということです。NHKの取材に対してフランスの当局者は「薬物は間違って使用されたと思われるが、失格は免れないだろう」ということでした。

|

« NHKの国際放送 | トップページ | 独り暮らし »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/12341868

この記事へのトラックバック一覧です: ディープインパクトから禁止薬物:

« NHKの国際放送 | トップページ | 独り暮らし »