« 福祉バザー | トップページ | 成長なくして、財政再建なし »

君子は豹変(ひょうへん)す

朝日新聞の逆襲 ?

従軍慰安婦の番組疑惑報道で対立しているNHKと朝日新聞。    安倍総理からも「あの新聞」と呼ばれている朝日新聞が元気です。

その朝日新聞に、安倍首相 宛の 手紙形式の社説がありました。

消えないうちにコビペしておきます。  【以下、引用】

ニュー安倍 君子豹変ですか

 拝啓 安倍晋三さま

 首相に就任されて半月がたちました。組閣人事に始まって所信表明演説、国会論戦、中国、韓国訪問、そして北朝鮮の核実験発表への対応と、目まぐるしいばかりの毎日です。

 テレビに映る安倍さんの表情からは、緊張感と充実ぶりが伝わってきます。

 半月前を振り返ると、私たちは不安でいっぱいでした。

 なぜかと言えば、首相になるまでの安倍さんの言動が、私たちの考え方とあまりに隔たっていると思ったからです。歴史認識や外交、教育、安全保障など国の基本にかかわることばかりでしたから、真正面から論戦を挑まざるを得ない。そんな覚悟を固めていました。

 けれど目下のところ、私たちの心配は杞憂(きゆう)だったようです。

 首相になると、先の大戦の「植民地支配と侵略」を謝罪した村山首相談話を受け継ぐと表明しました。総裁選では、何度ただされても言を左右にしていたのがウソのような変貌(へんぼう)ぶりです。

 従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野官房長官談話も、すんなり認めました。外交の積み重ねや基本の歴史認識をゆるがせにしなかったことが訪中、訪韓を成功に導いたと思います。

 「ニュー安倍」の驚きは続きます。

 北朝鮮が核実験を発表するや、日本の核保有の可能性を明確に否定しました。首相のブレーンが主張する核武装論とはまったく違う立場です。同時に、歴代自民党政権の非核政策を継ぐまっとうな主張でもあります。

 肝いりの教育再生会議のメンバーを見ると、勇ましい保守派からの起用は限られ、バランスを考えた多彩な顔ぶれに落ち着きました。

 君子は豹変(ひょうへん)す、と申します。

 国政を担うことの責任感が安倍さんをわずかな期間に成長させたとすれば、大いに歓迎すべきことです。

 「これじゃ朝日新聞の主張と変わらないよ」。旧来の安倍さんに期待した人たちからは不満も聞こえてきそうです。

 安倍さんは国会答弁で「私が今まで述べてきたこととの関係で批判はあるだろう。甘んじて受ける」と軌道修正を認めました。残念なのは、あれほどこだわってきた持論をなぜ変えたのか、その説明が足りないことです。

 総裁選では党員向けに右寄りの発言をし、首相になると一転、ソフト路線で支持率を上げ、参院選を乗り切る。地金を出すのは政権が安定してから……。そんな邪推をする人も出てきそうです。

 「闘う政治家」を目指す安倍さんですから、よもやそんな姑息(こそく)な戦術を取るとは思えません。持論を変えた理由を一度、国民にきちんと説明してはいかがでしょう。安倍さんに一票を投じた党員たちも聞きたいのではないでしょうか。

 正しさを見極め、豹変する。そのことは、決して恥ずべきことではないのですから。敬具

【引用終わり】

後世に残るメイ文です。 突っ込みどころ満載ですね。

朝日としては、朝日がいつも言われていることを、のしを付けて返したツモリでしょう。

しかし、読んでいくと、自分が「朝日新聞」であると呼ばれていることを認めているのが滑稽です。

この場合の「朝日新聞」とは、我々が偏向報道機関として呼ぶときの「朝日新聞」です。

これは、朝日新聞にとりましては「進歩」でありましょうか ?

週刊新潮とも対立し、同類の偏向放送をしているNHKとも対立し、各地の自治団体とも対立し、右翼や、2ちゃんねらーらとも対立をする朝日新聞。

対立することで、目立とうとしているのか ? ?

|

« 福祉バザー | トップページ | 成長なくして、財政再建なし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/12304593

この記事へのトラックバック一覧です: 君子は豹変(ひょうへん)す :

« 福祉バザー | トップページ | 成長なくして、財政再建なし »