« たかが運動会、されど・・・ | トップページ | 台風災害 »

寛大な日本

琴線に触れなかった ! ?

ローマ法王であるベネディクト16世。その彼の先般の発言がイスラム教を侮辱したものとして受け止められ、昨日、謝罪しました。

「17世紀の文献を引用したもので、私の考えではない・・・」と、いう言い訳。

さて、日本でも先月からロシア映画 「太陽」が配給され、好評を得ているといいます。

小生も、テレビで“さわり”を見たが、まさしくパロディーですね。

それについて、「陛下を揶揄するとは“不敬”である」、という声が挙がりません。

これは、人間天皇の苦悩の様子が、現代っ子の共感を呼び、ますます皇室との親近感を覚えたというのです。

昭和天皇 役の イッセー尾形は、一人芝居でも好評をはくし、NHK BS でも紹介されています。

昭和天皇が役者によって描かれたことに・・・、

「これは、あくまでもフィクション。本物の陛下は、格段の威厳があると思う。」、「イッセー尾形は単にモノマネ。」と、区別しているコメントが多く見られます。

また、「悪意は感じない。」といいます。

以前も、昭和天皇を揶揄した落語家や役者がいてヒンシュクを買いましたが、現代はそうでもないようですね。

しかし、小生は、ひじょうに不快です。 そうした反発が予想されたのに、よく引き受けたと思います。

|

« たかが運動会、されど・・・ | トップページ | 台風災害 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/11940382

この記事へのトラックバック一覧です: 寛大な日本:

« たかが運動会、されど・・・ | トップページ | 台風災害 »