« テボドン 2発目準備 ? | トップページ | 環境報道を考える »

毅然とした対応とは

譲歩はしない

北朝鮮による、“拉致”も“ミサイル発射”も“核”も、安倍官房長官が記者会見で述べたように、すべて北朝鮮が起こした問題です。

日本側は、何も譲歩する必要がありません。また、同情(シンパシー)も不必要です。

ところが、北朝鮮は、日本の制裁は、攻撃とみなすので、北朝鮮は“抗戦”するといいます。

まず、“抗戦”の意味が違うだろう。

そんな言葉端を突つくことよりも、まず、実際に北朝鮮が、日本にミサイル攻撃が可能か、検討してみましょう。

まず、テポドン 2号が失敗したとは言え、日本領土を直接射程内におけるノドン・ミサイルなどの発射は成功したようですから、それをこちらに向ければ、日本攻撃が可能であることを、改めて証明したことになるでしょう。

また、日本の自衛隊も、在日米軍も、ともに日本海域の迎撃ミサイルの設備が確立していないと言うのですから、ミサイルは発射されればこちらに飛んでくるでしょう。

ところで、現在のミサイルの精度とは、狙ったところから、大体 1m ぐらいの誤差と言います。ところが、北朝鮮のミサイルは、制御がない、つまりハンドルがない自動車と同じですね。つまり、ミサイルを放ったら、後は風まかせなんだそうです。「北朝鮮のミサイルは大砲の弾と同じだ」と、ある軍事評論家は説明していました。その誤差、なんと、160Km ! ! 。

北朝鮮から東京を狙ったものの、実際は静岡に落ちる・・・なんてこともあり得るというのですね。

日本は、ノーコン・ピッチャーを迎えたバッターみたいなものです。発射そのものよりも、むしろ、そのほうが怖いですね。(この部分は、下記の理由により、訂正、削除します)

つまり、コースが特定できないので、迎撃も難しいと言うのですね。下手に迎撃して外れでもしたら、新たな問題が起こってしまう。

まさか、「北朝鮮がミサイル攻撃した時、日米軍は迎撃します。もしかしてそれが外れて、貴国に着弾するかもしれないけれど、悪しからず」・・・なんて、日米軍が、韓国、中国、ロシアに通告できないでしょう。たとえ通告したとしても、果たして、韓国、中国、ロシアが、その通告を受け入れると思いますか ?

また、運よく迎撃ミサイルが当たったとしても、それが日本の領土内だったら、それなりの被害を覚悟しなければなりません。

このように、例え、迎撃システムが完備されても、それが執行され難い状況ですね。今回、実際に北朝鮮が発射した場所は、短距離ミサイルは、韓国領に近いところでしたし、長距離ミサイルは、ロシア領に近いところでした。ですから、ミサイル発射前に叩いたとしても、近隣国を刺激するかもしれません。

このような、まだ整備もされてもいない迎撃や攻撃の話しをしても、今となっては無意味ですが・・・

それでは、今現在の日本の状況は、どんなでしょうか。北朝鮮からのミサイルの着弾を避けるために、日本は北朝鮮の要求を呑まなければならない状態なのでしょうか。つまり、日本は鉄砲を突きつけられて、手を挙げた状態なのでしょうか。

いやいや、日本には、さきほど述べた在日米軍があります。彼らは日本にとって、強力な用心棒、ガードマンであります。まさか、日ごろさんざん騒音の迷惑をかけておきながら、また“思いやり予算”をもらっておきながら、イザという時、役に立たないなんて言わないでしょうね。

しかも、日米には、同盟国関係です。先日も、小泉さんとブッシュさんは、プレスリー会館でそれを確認したはずですよね。改正日米安保条約だって、「日米共同で日本を防衛する」と、シッカリ明記されています。すくなくとも日本側は、そう思っています。

また、核兵器だって、アメリカ軍は使用確認済み。かたや北朝鮮は、昨年、核保有宣言をしたとはいえ、核実験をした証拠がない。どちらかといえば、北朝鮮のその宣言はウソっぽい。北朝鮮は、ノービスです。

しかし、よーく考えてみますと、このアジアの火種といわれている地域で、核を使えないことはアメリカは十重承知しているでしょう。ですからアメリカは、恐らく間違っても核は使わないでしょう。

そうしますと、こうした状況を北朝鮮が理解していれば、北朝鮮としては有利な状況といえるではないでしょうか。核保有列強諸国の核とは抑止核で、戦術核でないことを、北朝鮮も承知していると思われます。

また、北朝鮮のいう「核保有国になった」という意味は、核爆発をしない汚い核(劣化ウラン弾)を持ったということかもしれません。そして、それをミサイルの弾頭に入れるかもしれません。つまり、放射能汚染を撒き散らす恐れがあります。

そんなことを考えると、日本としては全く予断を許さない状況ですが、少なくとも、アメリカ軍がこの地域に展開しています。ウラジオストックにもアメリカ第7艦隊の空母がいて、待機していると言われております。

こうした状況から、北朝鮮が8ミリ口径なら、こちらは44ミリ・ビックマグナムで対抗しているといえるでしょう。あいてが朝鮮包丁なら、こちらは名刀正宗です。そのぐらいの差はあると思います。

ただ、さきほどにも書きましたが、既に日本は、北朝鮮に制裁というカードを切ったのですから、日本国内に向けてミサイルを撃たれて、それ相応の被害を被る段階にある事は、覚悟していなければならないと思います。

もはや、後戻りできない状況なのです。既に、毅然とした態度で臨むしかない状態である事を、国民は理解しなければならないと思います。

そして、北朝鮮に対しては「情け」なんて感情をもたず、国際社会が一致して、北朝鮮に臨むような働きかけをすべきでしょう。

* 北朝鮮のミサイルの精度が、著しく悪い・・・ということでしたが、その後の報道では、半径1キロ以内に着弾していたということです。

|

« テボドン 2発目準備 ? | トップページ | 環境報道を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

HPやブログをお持ちの方ならどなたでも
簡単に副収入を得られる《e-アフィリ》のご紹介です。
あなたのページにバナーを貼るだけで
《1クリック1円~/1件1000円以上》
と幅広い報酬が得られます。
この機会にあなたも高収入サイト運営者になりませんか?

アフィリエイトプロラム
http://e-af.net/?cos2

書き込み不要の方はお手数ですが削除をお願いします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿: e-アフィリ | 2006年7月 7日 (金) 20時35分

あらま様
奴隷になるか?自由人として死ぬか?
簡単です。
私は奴隷になりたくありません。
日本の国会議員も死と自由を天秤にかけて欲しいと思います。

靖国で合おう!

投稿: 佐為 | 2006年7月 7日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/10833921

この記事へのトラックバック一覧です: 毅然とした対応とは :

« テボドン 2発目準備 ? | トップページ | 環境報道を考える »