« 「愛国心」表記 | トップページ | 韓国人留学生が女性救出 »

無礼な国、特定アジア

トラブルメーカー

昨年の、中国副首相の「ドタキャン」は、無礼でありました。

東シナ海のガス田採掘も、隣人として無礼です。

領海、領空の侵犯も無礼。

自国の毒ガスの処理を、日本に求める事も無礼。

いつまでも戦後補償を要求する事も無礼。

いつまでも戦争謝罪を要求しつづける事も無礼。

日本製品、日本企業を丸ごとコピーだなんて、これまた無礼。

そして、歴史認識、靖国参拝についても、モンクを言ってきます。無礼千万であります。

もはや、中国は「論語」の国ではありません。目先の利益のみ追求する国家です。

「内政干渉」をしてはならないという、基本的な礼儀が分からないのですね。互いの考えかたの違いを認めようとしない、偏狭な考え方です。そのくせ、アメリカなどから人権問題を指摘されると「内政干渉だ」という。まったく勝手であります。

今回も、外相会議で、特定アジアは麻生外相に「靖国参拝するか ? 」と、問うていました。外相はお茶を濁した返事でしたが、特定アジア側からすれば「しません」と言ったと聞こえているでしょう。

しかし、だいたい「靖国参拝するか ? 」なんて、問う方がおかしい。全くプライベートな問題ではないでしょうか。だれを拝もうが、なにに祈ろうが、それはその人の勝手ですね。

ですから、そんなことを問われたら「答えるべきものではない」「干渉が過ぎる」と、キッパリとツッパネるべきです。

それで、それを理由に会議をしないというのであれば、それは仕方ない事です。相手が譲らないから、こちらが譲ろうなんて思ったほうが負けです。

おそらく自己責任の取れない特定アジアですから、自分が会議に臨もうとしない事を、日本に責任転嫁するでしょう。そんな輩に媚びる必要はありません。

日本人の誇りを捨ててはいけません。

|

« 「愛国心」表記 | トップページ | 韓国人留学生が女性救出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>もはや、中国は「論語」の国ではありません。

質問です。
過去、中国がもはや、「論語」の国ではあったときがあるのでしょうか?
理想は理想でないときに語られます。モアのユートピアもイエスの教えも
理想においてはそれを壊そうとするらしいのです。
たとえば現在の日本の平和主義者とは実はそういった・・・藁

投稿: 佐為 | 2006年5月25日 (木) 10時20分

佐為さま、ご指導ありがとうございます。
そうでありました。
かつて、中国で「師曰く・・・」と、言っただけですね。
その後、孔子の教えは、日本に輸入され、消化され、「武士道」にも表れております。
現在、孔子の末裔も、孔子の門人の末裔も、台湾に逃れておりますね。
現在孔家は、78代目ですか ?
すごいですね。
 

投稿: masasan | 2006年5月25日 (木) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/10231411

この記事へのトラックバック一覧です: 無礼な国、特定アジア:

« 「愛国心」表記 | トップページ | 韓国人留学生が女性救出 »