« 南北朝鮮は単一民族 ? | トップページ | 駐車違反確認「公正」に »

「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました

スゴくたくさんの人だった

ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノほかが出演。

終わって出てきたら、テレビ放送局のカメラが待っていました。久々に並んだ田舎の映画館の取材のようでした。

最近、何かと話題のこの映画。小生は、原作を読んでいませんでした。ある程度の世界史の知識がないと、たいへんかな・・・なんて思いました。4

小生はクリスチャンではないので、「この映画を見たから、SONY製品をボイコットしよう」とは思いません。

しかし、キリストの末裔が生きていて、それが若い女性という設定を考えた時、日本の一連の「皇位継承問題」を思い起こしました。

いまでも日本では、神武天皇の遺伝子を、125代目の今上天皇が継いでいるという説を信奉している人がたくさんいますね。

何を信じようと、それはその人の自由ですが、押しつけてはいけませんね。

宗教弾圧があったのも、熱狂的な宗教信奉の現われなのでしょうが、それで「犠牲者」が生じるのはよくないと思います。

「モナ・リザの微笑み」とか、ダ・ビンチの人体デッサンとは一切関係なかったのには、ガッカリしましたが、よく考えられたストーリーだったと思います。

最後のシーンで、女性の体が「聖杯」というよりも、ルーブル美術館、それ自体が「聖杯」ではないかと思いました。そのあたりを、原作ではどのように記されているのか、興味が沸きます。

今晩のフジ系テレビ、「土曜プレミアム」が楽しみです。

【追記】

今、上記テレビ番組を見終わりました。ここまで明らかにしてよいのかというぐらい、内容に迫っていました。

番組では、「モナ・リザ」について詳説しておりました。この肖像画を通して、ダ・ヴィンチのもう一面性に迫ろうとする導入であったと思います。

しかし、ダ・ヴィンチが、キリストとマリアとの秘密を知っていたというのはあくまでも説であって、この番組が示すような「事実」ではないことは、原作者が明言しております。

そうした意味でも、誤解を生む番組内容だと思います。

今回のこの番組は、歴史上の不可思議を、キリストの子孫の実在と言う「補助線」を引いて証明したのではなくて、あくまでもフィクションであることを忘れてはならないと思います。

|

« 南北朝鮮は単一民族 ? | トップページ | 駐車違反確認「公正」に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
さすがの話題作で、いつもは空いている劇場が混んでいました。
ルーブル自体が杯と言うのもなんだかステキな発想ですね~!

投稿: ミチ | 2006年5月20日 (土) 15時43分

みちさん、コメントありがとうございます。
聖杯については、インディー・ジョーンズの時は、確か木製だったと思います。
ちなみに今年、冬季オリンピックが行われたトリノ市は、「聖骸布-キリストの死体を包んだ布」が発見された事でも有名でした。
キリストにまつわる映画は、今後も続くと思いますが、争いになっては困りますね。

投稿: masasan | 2006年5月20日 (土) 16時55分

はじめまして。こちらTBさせていただきますね。
↑そうですね、インディのときは
赤茶けた木製でしたよね。大工かなんかの
絡みで。(←あいまいな記憶ですみません)
私は本を読んでましたが難解なところも
映像化されてわかりやすかった気がします。
それではまたお邪魔しますね。

投稿: minori | 2006年5月20日 (土) 19時04分

minoriさま、コメントとTB、ありがとうございます。
今晩の7時のNHKニュースでも、大々的に取りあげていました。
クリスチャンでなければわからない部分があるようですね。

投稿: masasan | 2006年5月20日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/10152689

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました:

» 「 ダ・ヴィンチ・コード 」 [MoonDreamWorks]
監督 : ロン・ハワード 出演 : トム・ハンクス / オドレイ・トトゥ / ジャン・レノ      公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/ 原作は、「ダ・ヴィンチ・コード」。父は数学者、母は宗教音楽家、妻は美術史研究者であり画家でもあ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 14時49分

» 映画「ダ・ヴィンチ・コード」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。 ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教象徴学教授ラングドン(トム・ハンクス)と館長の孫で暗号解読官のソフィー(オドレイ・トトゥ)が解き明かしていくというストーリー。 ロン・ハワード監督作品はあまりハ�... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 15時41分

» ダ・ヴィンチ・コード [悠雅的生活]
ダ・ヴィンチと 暗号と 薔薇… [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 15時51分

» ■週末の学び5/19「ダ・ヴィンチ・コード」〜波紋広がる中、いよいよ世界同時公開〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
今年最大級のおすすめ作品が!!!  [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 16時21分

» 劇場鑑賞「ダ・ヴィンチ・コード」 [日々“是”精進!]
本日、「ダ・ヴィンチ・コード」を鑑賞してきました。世界で5000万部を超える大ベストセラーとなったダン・ブラウンの同名ミステリーを、「ビューティフル・マインド」のアカデミー賞監督ロン・ハワードが映画化。ストーリーは・・・パリのルーブル美術館で、高名な館...... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 16時24分

» ダ・ヴィンチ・コード [Akira's VOICE]
爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑 [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 18時39分

» 『ダ・ヴィンチ・コード』 歴史に隠された謎の行方。 [キマグレなヒトリゴト]
本を読んだのは遠い昔。すでに「犯人誰だったっけ?」という 情けないレベル。それでも見ているうちに思い出すし、 足りなかった映像という部分を補ってもらうことができた。 カンヌで酷評された作品。確かに長かったけど割りと飽きずに 見れました。 宗教的に、確かにこれ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 19時04分

» 「ダ・ヴィンチ・コード」本日公開。 [NO +++, NO LIFE!]
米映画:ダ・ヴィンチ・コード、日本でも全国一斉に公開  キリストが妻帯し、子供までいたという筋書きが聖書の教えに反するとしてキリスト教信者の間に反発が広がっている米映画「ダ・ヴィンチ・コード」が日本でも20日、全国一斉に公開された。  日本では全国で863のスクリーンで上映が始まった。配給元のソニー・ピクチャーズエンタテインメントによると、前売り券の発売状況は過去最大級。東京・渋谷の渋東シネタワーでは午前7時ごろからチ�... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 20時42分

» ダ・ヴィンチ・コード [Imagination From The Other Side]
ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教を巡る人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化したミステリー・アドベンチャー。 主演は「レディ・キ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 20時45分

» 【劇場映画】 ダ・ヴィンチ・コード [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が含まれていた。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが、館長の孫娘で暗号解読官のソフィーに助け出される。暗号の謎をときはじめるふたり。しかしそれは、歴史的真実を覆す謎解きのはじまりに過ぎなかった…。 (goo映画より) 初日... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 21時17分

» 「ダビンチ・コード」解禁! カンヌ・カトリック・ソニー 騒動だ! [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
カンヌで話題 中国カトリックが反発! 全米でソニー製品不買運動と 世界同時公開から話題を呼んでいる ロンハワード監督 トム・ハンクス主演 「ダビンチコード」解禁プレミア・マスコミ試写会に 行って来ました。 朝8時30分からという 異例の完成披露試写会。 映画は、しっかりした作品に仕上がっています。 ただ、アクションなどの 見せる派手さがないため 2時間30分の上映時間は 少しきつかったです。 長い原作は 2時間30分でも表現が難... [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 23時21分

» ダ・ヴィンチ・コード [Pocket Warmer]
邦題: ダ・ヴィンチ・コード 原題:The Da Vinci Code 原作:「 [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 00時37分

» 感想/ダ・ヴィンチ・コード(試写) [APRIL FOOLS ]
話題沸騰、全世界注目の的、映画『ダ・ヴィンチ・コード』を18日、ついに試写! せっかくここまで情報解禁しなかったわけだし、全世界同時公開の今日、満を持してレビューをリリース!! 『ダ・ヴィンチ・コード』 率直に言おう。やっぱキリスト教の下地がない人間には難解だ。小説を読んでおかないと話についていくのは至難の業な気がする。あれだけのボリュームある話を2時間半に詰め込んでるから、かなり展開早し。決して面白くないわけじゃないんだけど、物語の性質上どうしても説明的要素が多い。それに対して、人物相関や... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 09時20分

» ダ・ヴィンチ・コード [ m e r c i *]
原作を買ったのに、まだ読めていないし、 映画のほうは、行くなら原作を読み終わってからと なんとなく決めていた。 だけど、お友達からチケットをいただいたので 急遽、初日に観に行くことに。 〝 ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 〟 ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 13時15分

» ダ・ヴィンチ・コード 〜 誰を信じるかではなく、何を信じるか 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 誰を信じるかではなく、何を信じるか 〜 「ダヴィンチの絵画の中には秘密がある。」そんなキャッチとともに世界的ベストセラーとなった同名小説(著:ダン・ブラウン)の映画化作品。謎を追う教授にトム・ハンクス、暗号捜査官には『アメリ』で一躍有名になったオドレ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 13時42分

» ダ・ヴィンチ・コード [うつわの器]
公開初日、観てきました。 『ダ・ヴィンチ・コード』を映像化するともっと観やすいかと思ったけど、前半はやはり説明臭かったです。後半、舞台がイギリス以降に移ってからアクションも混じりジワジワ面白くなってきました。原作とは違い多少書き換えられてましたが、原作を読..... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 14時47分

» 「ダ・ビンチ・コード」  ~「最後の晩餐」の▽部分とは・・・ [∞最前線 通信]
 こんばんは、龍司です 今夜は・・・ いよいよ世界同時公開された話題の映画・「ダ・ビンチ・コード」 を 観ました(^^) ※毎度の事ながら0:00を過ぎ、日付が変わってますので 正確には昨日ですが(笑) レイトショーなのに、 いつもと違ってたくさんの人!... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 14時56分

» 映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観る [MONKWELL MANOR GUEST HOUSE]
 映画「ダ・ヴィンチ・コード」を、公開初日、夕方六時四十五分からの回を観に行ってきた。 原作があまりにも有名だし、今回は回りくどいあらすじ紹介はなしで、さくさく行きます。  僕の感想としては、まあまあそこそこ楽しめたかな、という感じだった。 もともとの小....... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 08時46分

» 映画ダ・ヴィンチ・コード [ld_works]
 今年一番の話題作とあって映画ダ・ヴィンチ・コードを観てきました。  封切直後もあってか、とにかくスクリーン数や枠(劇場ごとの)が多  かったです。内容について前評判が色々ありましたが、個人的には  楽しめた良い映画でした。  宗教観の薄い日本人にはこの映画の驚愕すべき真実(映画中の話  ですが)が素通りしてしまう感がありました。  小説ではある程度伝わる部分が、この映画だと分かりにくかったか  もしれませんね。(小説を見ていない人には特に)  個人的映評★★★☆☆ ■... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 13時41分

» 映画「ダビンチ・コード」 [朕竹林 ~ネットはテキストだ~]
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ 映画館の気合の入りすぎ具合が気になった…。  観ました。「アメリ」のオドレイ・トトゥが大抜擢です。  え!! 「モナリザの謎」じゃないじゃん…。  大作っぽい感じで始まりますが、今ひとつ話が見えないまま進んでいき、眠くなります。そして「最後の晩餐」の絵の謎解きにせまったとき、一気に盛り上がってラストまでいけるようになります。でも多分、キリスト教徒であれば驚きが一桁違うでしょう。うん。  スケールが... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 21時53分

» 映画ダ・ヴィンチ・コードを観る!衝撃の結末!? [吠えて勝つ]
昨日から公開されたダ・ヴィンチ・コードを観た。ん〜話がややこしい!ロン毛の大学教授役のトム・ハンクス。ベッピンな暗号解読官でルーブル美術館館長の孫役のオドレイ・トトゥ。フランスのポリス役のジャン・レノ。いかれたヒットマン役のポール・ベタニー。金持ちのオ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月22日 (月) 23時45分

» ダ・ビンチコード見てきました。 [くまさんの自立]
第一印象は うーん と唸ってしまいました。  この映画を見るときのポイントは  映画自体に過度の期待をしてみてはいけない。  そして、この映画は原作本を読んでいないと多分細部に亘ってわかりにくいことが多い。 ... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 18時31分

» ダ・ビンチコード見てきました。 [くまさんの自立]
第一印象は うーん と唸ってしまいました。  この映画を見るときのポイントは  映画自体に過度の期待をしてみてはいけない。  そして、この映画は原作本を読んでいないと多分細部に亘ってわかりにくいことが多い。 ... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 18時38分

» ダ・ビンチコード見てきました。 [くまさんの自立]
第一印象は うーん と唸ってしまいました。  この映画を見るときのポイントは  映画自体に過度の期待をしてみてはいけない。  そして、この映画は原作本を読んでいないと多分細部に亘ってわかりにくいことが多い。 ... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 18時42分

» [Movie] 壮大なる消費財の輪、ダ・ヴィンチ・コード [タイで想う日々の日記]
映画もう観ているのに、レビューを書く気もおきなかったので助かります。 「ダ・ヴィンチ・コード」にブーイングの嵐 ボクはこの世界的消費財の輪に既に70バーツ(210円)支払ってしまいましたが、皆さんはどうですか? どれくらいなら支払っても良いとお考えですか? ... [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 21時35分

» ★ダ・ヴィンチ・コード@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ:5/27(土) [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答 [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 20時44分

» 「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました [よしなしごと]
 世界中でベストセラーとなったダ・ヴィンチ・コードを見てきました。正直キリスト教じゃないし、ダ・ヴィンチにも興味ないんですが、一応ベストセラーということで流行に流されてみました。... [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 01時01分

» ダ・ヴィンチ・コード [粉雪の日々是、映画なり]
      海外で大人気のミステリ作家、ダン・ブラウンのベストセラー小説『ダ・ヴ [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 08時58分

« 南北朝鮮は単一民族 ? | トップページ | 駐車違反確認「公正」に »