« 「愛国心」を法律に書く事 | トップページ | イナバウアーがお酒に ? »

究極の共産主義

駿河湾サクラエビ

富士山を望む駿河湾は、深海湾としても知られ、漁業が盛んです。

その中で、春と秋に行われる「桜えび」漁

実は、この漁は、資源保護のため、漁捕高や漁獲期が厳しく定められています

そして、獲れた桜えびは、出漁した漁船、或いは所属漁協に均等に分けられます。

まるで究極の共産主義の実現です。

桜えびの次はシラス漁です。

そこでも「掟」は守られます。

一党独裁のどこかの国とは、根本的に違うのです。

ところで、漁業は、漁場に着けば戦場です。休みなく、肉体労働が続きます。経験がモノを言う世界です。そこで、一気に稼ぎます。

さて、その桜エビ漁に携わる漁夫も高齢化が進みました。

漁閑期には、漁夫たちは田を耕し、畑仕事をしています。

つまり、半農半漁。若者が好まぬ理由です。

中には、都会から田舎にあこがれて、漁の仕事をしようとする人もいます。

結局、あまりにも重労働で、怪我をしたりで続きません。

荒れが収まり、今日も、じっちゃんたちは、海に出ました。

|

« 「愛国心」を法律に書く事 | トップページ | イナバウアーがお酒に ? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/10003527

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の共産主義:

« 「愛国心」を法律に書く事 | トップページ | イナバウアーがお酒に ? »