« 小泉首相は偉人だ | トップページ | 「愛国心」を法律に書く事 »

スペイン語版、米国歌 ?

「国歌は英語で」 米移民論争で“場外戦”

 不法移民の規制強化に対する中南米系市民(ヒスパニック)らの抗議が続く米国で、国歌「星条旗」のスペイン語版を認めるべきか否かの議論が白熱している。保守系議員は「国歌は英語で歌わねばならない」との決議案を提出。ブッシュ大統領も懸念を示すなど移民論争から脱線して“場外戦”の様相を呈している。
 発端は、ヒスパニック系のポップ歌手らが「不法移民への連帯を示すため」4月にリリースしたスペイン語版の米国歌。これを米保守系メディアが批判、一躍注目されるようになった。
 アレグザンダー議員(共和党)は今月1日、国歌は英語で歌わなければならないとする決議案を上院に提出。同議員は「英語はわれわれ米国人をつなぐものだ。国歌の翻訳はわれわれを分断する」と主張、スペイン語の歌詞は「間違った方向への大きな一歩」と批判した。   【共同通信 ワシントン - 5月8日】

ブッシュ大統領が「米国民になりたい者は、英語を学ぶべきで、国歌の歌詞も英語で習うべきだ」と、否定的な一方、プロ並みのピアノ奏者であるライス国務長官は「ラップ調やクラッシック調などにアレンジされた国歌をこれまでも耳にしてきた」と、受け流しているとか。

たとえ、今、否定されても、いずれは、誰かがやるでしょう。

|

« 小泉首相は偉人だ | トップページ | 「愛国心」を法律に書く事 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

他国のことですからどうこう言うべきではないかもしれません。しかし私は国歌というのはやはりひとつの完成されたものであると思います。英語の国歌が制式ならばそれを歌うべきと思います。特に生まれながらにアメリカ国民である人ばかりでなく、アメリカ国民となった人が多い国ですからなおのことと思います。ちなみに私は朝鮮語の君が代を聞きたくありません。

投稿: 佐為 | 2006年5月 8日 (月) 21時19分

佐為さま、毎度ありがとうございます。
法律化するまでもなく、その国の国歌は、その国の国語で歌うべきでしょう。
さて、小生がよく仕事で行ったカナダは、国語がフランス語と英語ですね。
カナダ国歌の場合、最初はフランス語で、最近、英訳が正式なものとなったようです。
それぞれのお国柄があるようですね。

投稿: masasan | 2006年5月 9日 (火) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/9961242

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン語版、米国歌 ?:

« 小泉首相は偉人だ | トップページ | 「愛国心」を法律に書く事 »