« 我々の年金が・・・ | トップページ | あたらしい進化論 »

災害時ボランティア

いざという時に

ひとたび、地震、かん水など、大規模な災害が起こると、その地域にたくさんのボランティア志願者が集まってきます。

こんなにたくさんの方の善意が集まると、日本も捨てたものではないと思います。

しかし、その殆どが「役に立たずに」帰っていくことになります。「役に立たない」どころか「迷惑をかけて」帰ることもあります。

そうならないために、日ごろから有事 ? に備えて訓練をしておくことが大切です。

ボランティアといえば、県のボランティア協会を思い出しますが、まずは、最寄の「社会福祉協議会」に行ってください。そこで、各種ボランティアの取りまとめをしているはずです。

そして、絶対にしてはならないことは、個人プレイです。いくら、自発的な善意で、全部が個人の犠牲だとは言え、「小さな善意、大きなおせっかい」ということになります。

また、直接参加できない人も、金品を提供して参加してくださる方が多いことも勇気づけられます。ところが、災害地に届けられるものの多くが、不要品、或いはゴミになります。その選別作業が大変です。被災地では既に備蓄品が用意されていますから、「募金」で参加しましょう。また、その余剰金は基金となり、その後のボランティア活動に活用されます。

それから、企業でボランティア活動をする計画、(例えば退職者のその後の生活指導の際も、ボランティア活動を取り入れる場合など)がある場合も、必ず、最寄の「社会福祉協議会」に相談してください。

災害時ボランティアの経験をされた方はよくお分かりだと思いますが、組織に参加して、それに従った方が効率的で安全ですね。

また、ボランティアの経験をされた方は、自衛隊の活動に感銘を受けたでしょう。あそこまでに至ることはできませんが、教えられることは多いですね。

とくに、各地から集まる自衛隊の「お風呂」は、素晴らしいですね。

離職して余暇のある方は、是非、災害時ボランティアに登録してください。そして、あなたの貴重な経験や力を提供してください。

また、余暇のない人でも、災害時にボランティアがどのように動くかを予め知っておくことで、いざ災害時にボランティアを受け入れる際に、きっと役に立つと思います。

|

« 我々の年金が・・・ | トップページ | あたらしい進化論 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/9470856

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時ボランティア:

« 我々の年金が・・・ | トップページ | あたらしい進化論 »