« 寝耳に水、日本側負担額-在日米軍 | トップページ | 拉致問題、大きく進展か »

今後も教育者として

Photo<戸塚校長>刑期終え出所 「体罰は教育」と今後も活動
 厳しい体罰で訓練生4人が死亡した「戸塚ヨットスクール」事件で、傷害致死罪などに問われて実刑が確定、服役していた同スクールの戸塚宏校長(65)が29日、刑期を満了して静岡市葵区の静岡刑務所を出所した。戸塚校長は「体罰は教育」などと改めて独自の教育論を展開。スクールをはじめとする活動に今後もかかわっていくという。 【毎日新聞】

このニュースのカテゴリは、「暴力事件」でした。

そのあたりから、報道の偏見を感じます。

|

« 寝耳に水、日本側負担額-在日米軍 | トップページ | 拉致問題、大きく進展か »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/9819238

この記事へのトラックバック一覧です: 今後も教育者として:

« 寝耳に水、日本側負担額-在日米軍 | トップページ | 拉致問題、大きく進展か »