« 【海洋調査】 見解異なる | トップページ | 火種は残ったまま »

水とアルミで動く燃料電池 

水とアルミニウムから発生させた水素を燃料に使う燃料電池

 日立マクセル(東京)は24日、水とアルミニウムから発生させた水素を燃料に使う燃料電池を開発したと発表した。 

  出力は平均10ワットだが、構造が簡単で低コストで発電できるのが特長。同社は「アルミ廃材のリサイクル利用も期待できる。10-100ワット級の電源として実用化を進めたい」としている。 

  同社によると、水素と空気中の酸素を燃料とする「固体高分子形燃料電池」の一種で、高さ16センチ、幅10センチ、奥行き6センチ。アルミと水は内部の別々のカートリッジに入っており、水を少しずつアルミに加えることで水素が発生する。20グラムのアルミで、ノートパソコンを4-5時間動かせる。【共同通信 - 4月24日】

アルミニウムの特性を活かした考案ですね。微小な反応ですが、技術の発達でどこまで出せるか楽しみです。

|

« 【海洋調査】 見解異なる | トップページ | 火種は残ったまま »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/9749981

この記事へのトラックバック一覧です: 水とアルミで動く燃料電池 :

« 【海洋調査】 見解異なる | トップページ | 火種は残ったまま »