« K.Yの日 | トップページ | Wikitruth »

命懸けの海上保安庁隊員

Photo中国機へのスクランブル8倍増、昨年度は107回
  2005年度に、領空侵犯のおそれがある外国機に対して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数は、前年度比約6割増の229回で、このうち中国機に対する発進回数が前年度の8倍の107回と急増し、過去最高を記録したことが、防衛庁統合幕僚監部のまとめで分かった。【読売新聞】

大胆な中国。それに対する海上保安庁隊員・職員の緊張が高まるばかりです。

日本の外交官の皆さん、定年後の年金ばかりを考えないで、もっとしっかり命懸けでやってください。

|

« K.Yの日 | トップページ | Wikitruth »

外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/9691352

この記事へのトラックバック一覧です: 命懸けの海上保安庁隊員:

« K.Yの日 | トップページ | Wikitruth »