« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

拉致問題、大きく進展か

Photo「思った以上の成果」 訪米の早紀江さんら帰国
 北朝鮮による拉致問題について米議会で証言し、ブッシュ大統領とも面会して解決に向けた協力を直接要請した横田めぐみさん=失跡当時(13)=の母早紀江さん(70)が30日午後、成田着の定期便で帰国、空港で記者会見し「思った以上に大きな成果があった」と振り返った。 【共同通信】

ブルーリボンを着けた、アメリカ大統領。

手応え、あり ! !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後も教育者として

Photo<戸塚校長>刑期終え出所 「体罰は教育」と今後も活動
 厳しい体罰で訓練生4人が死亡した「戸塚ヨットスクール」事件で、傷害致死罪などに問われて実刑が確定、服役していた同スクールの戸塚宏校長(65)が29日、刑期を満了して静岡市葵区の静岡刑務所を出所した。戸塚校長は「体罰は教育」などと改めて独自の教育論を展開。スクールをはじめとする活動に今後もかかわっていくという。 【毎日新聞】

このニュースのカテゴリは、「暴力事件」でした。

そのあたりから、報道の偏見を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝耳に水、日本側負担額-在日米軍

<在日米軍再編>日本側負担額は3兆円 見込みより大幅増

 【ワシントン及川正也】在日米軍再編の米側担当者であるローレス国防副次官は25日、国防総省で記者会見し、米沖縄海兵隊のグアム移転費の日米分担額が確定したことを受け、在日米軍再編に伴う日本側負担が計約260億ドル(約2兆9900億円)に上るとの見通しを明らかにした。日本側は当初見込んでいた2兆円超を大幅に上回る負担を強いられることになる。【毎日新聞】

単に、アメリカの見積もりに過ぎない・・・。なんて、言ってますが・・・。

思いやり予算。ここまだ来ると、無理やり予算。

本当に負担するのは、どの分野で、どれだけか。日本は精査する必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海底地名-「見送りない」韓国

合意してなかった ?

つまり、韓国の言い分は、

先日の会談では、「適切な時期に提案する」と、言っただけで、「6月は見送る」なんては、言っていない。

日本の外交官は、韓国の主張を理解した。だから、日本の海洋調査船は帰った。

したがって、6月のドイツの会議では、韓国名を提案する。

先の報道とは、大違い。問題は、全然解決していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに1000万画素デジカメ

ついに1000万画素コンパクト カシオ新「EXILIM」

Photo
 写真:ITmedia
 

 コンパクトデジカメもついに1000万画素の大台に。カシオ計算機は4月26日、有効1010万画素CCDを搭載した「EXILIM ZOOM EX-Z1000」を5月下旬に発売する。「デジタル一眼レフカメラに迫る高精細の画像が撮れる」という。

 CCDサイズは1/1.8インチ(総画素数は1037万画素)。最大3648×2736ピクセルの画像を撮影できる。レンズは3倍ズーム(35ミリ換算で約38~114ミリ)。サイズは92.0(幅)×58.4(高さ)×22.4(厚さ)ミリの“手のひら”サイズだ。

 オープン価格で、実売予想価格は5万円前後。当初月産台数は15万台を予定している。【ITmediaニュース- 4月26日】

きたー待ってました、ついに1000万画素。すごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいのぼり

屋根より低い、こいのぼぉりー ♪

団地こいのぼりが、ベランダで気持ち良さそうに泳いでいます。

我が家では、洗濯物が気持ちよさそうに泳いでいます。

お隣の韓国では、洗濯物が干せないそうです。

黄色くなってしまうのだそうです。

風は、西から吹いてきます。

その風に乗って、黄砂が降ってくるのだそうです。

日本の車も、汚れていますね。

韓国は、日本の比ではないそうです。

何しろ、雪や雨までも、黄色といいます。

中国は、砂漠で何をしているのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あれから20年

明日は、チェルノブイリの日

あす26日は、チェルノブイリ原発事故からちょうど20年目にあたるといいます。

今でも、被曝した多くの人が、その後遺症に苦しみ、また子孫に遺伝することに悩んでいるそうです。

小生が住んでいるところでも、廃棄燃料を再利用するプルサーマル計画が進められようとしています。

また、先般も、日本海側のある地域では、外国からの原発施設への攻撃に備えての訓練もあったそうです。

欧州のある国では、原発を認めていないところがあるそうです。「原発がない代わりに我慢する」と、国民がいったそうです。

しかし、日本は事実上、原発なしでは成り立たない国になっております。我慢できるどころではないのでしょう。

人間に「絶対」なんてないといいます。ですから、「絶対安全」も人間の世界にはないのでしょう。

しかし、絶対事故を起こしてはならないことを「チェルノブイリ」は語っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから1年 

尼崎列車脱線事故

あの瞬間、全てを失った人たち。

時が止まったままの人もいるかもしれない。

いまでも故人のケータイに、メールが届くと言います。

「頑張ろう」「一歩進もう」なんて、言える立場ではないですね。

ところで、JRにとって、毎月25日は「安全の日」なんだそうです。

その日にある人が、JRの車掌に「今日は何の日」と聞いたところ、その車掌はキョトンとしていたそうです。そんな記事もありました。

いつまでも、忘れてはならない日なのかもしれない。

同時に、関係者にとっては、思い出したくない日でもあると思います。

いつになったら、犠牲となられた霊は、安らかになるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火種は残ったまま

韓国が新たな海洋調査を計画

外務省の谷内事務次官が記者会見で述べたところによりますと、韓国政府は、日韓両国が領有権を主張する竹島の西側の海域について、ことし7月にも海洋調査を計画しており、日本政府に対し、「韓国の排他的経済水域内の調査で、日本とは直接関係がない」と説明しているということです。これについて日本政府は「日本の固有の領土である竹島周辺で調査を行えば、日本の排他的経済水域が含まれる可能性が高く、両国の新たな対立の火種になるおそれがある」としています。そして韓国政府にこうした見解を伝え、計画を中止するよう求めています。竹島周辺の海洋調査をめぐっては、日本側が予定していた調査に韓国側が強く反発し、先週の末、両国の外務次官が協議した結果、韓国側が6月の国際会議でこの海域の地形に韓国の名称をつける提案を行わない一方、日本側も予定していた海洋調査を中止することなどで合意したばかりでした。【NHK ニュース】

合意とは、一時的回避を「合意」しただけ・・・のようですね。

結局、韓国側に説得され、海洋調査を中止しただけではないですか。

それにしても韓国は、6月のドイツの会議の後の7月に、海洋調査をすると言っていたとは、やはり外交上手ですね。

あっぱれ ! 韓国。 どうする日本外務省。

なんて、言っている間に続報・・・。

竹島周辺の生態系・地質調査へ=韓国政府系機関、来月初めにも着手

 【ソウル25日時事】韓国政府出資の研究機関・韓国海洋研究院関係者は25日、竹島(韓国名・独島)周辺海域の動植物や魚類など生態系、さらに海底の地質などの調査に5月初めにも着手する計画を明らかにした。日本の排他的経済水域(EEZ)での測量調査計画をめぐる日韓両国の対立が完全に解決していない時点で新たな争いを招きかねない動きで、日本側の反発も予想される。

そして、盧大統領が特別談話を発表。全然、韓国は納得していない。

竹島問題、強硬手段も辞さず…盧大統領が特別談話

 【ソウル=福島恭二】韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、テレビ演説を通して、対日関係に関する特別談話を発表した。

 盧大統領はその中で、竹島(韓国名・独島)領有権問題に関し、「韓国政府は対応方針を全面的に再検討する」と述べ、小泉首相の靖国神社参拝、歴史教科書問題などと同次元の問題として、強硬な態度を取る方針を表明した。【読売新聞】

日本海は、荒れ模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水とアルミで動く燃料電池 

水とアルミニウムから発生させた水素を燃料に使う燃料電池

 日立マクセル(東京)は24日、水とアルミニウムから発生させた水素を燃料に使う燃料電池を開発したと発表した。 

  出力は平均10ワットだが、構造が簡単で低コストで発電できるのが特長。同社は「アルミ廃材のリサイクル利用も期待できる。10-100ワット級の電源として実用化を進めたい」としている。 

  同社によると、水素と空気中の酸素を燃料とする「固体高分子形燃料電池」の一種で、高さ16センチ、幅10センチ、奥行き6センチ。アルミと水は内部の別々のカートリッジに入っており、水を少しずつアルミに加えることで水素が発生する。20グラムのアルミで、ノートパソコンを4-5時間動かせる。【共同通信 - 4月24日】

アルミニウムの特性を活かした考案ですね。微小な反応ですが、技術の発達でどこまで出せるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海洋調査】 見解異なる

韓国の地名登録、日本は認めたのか= 朝鮮日報
 
【朝鮮日報 -24日】 22日の韓日外務次官会談後、 柳明桓(ユ・ミョンファン)外交部次官と谷内正太郎外務次官は独島(日本名竹島)近海の海底地名登録をめぐって、それぞれ異なる発表をした。

 柳次官は外交部のブリーフィング室で「韓国側はわれわれの正当な権利である海底地名登録を今後必要な準備を経て適切な時期に推進することにした」と述べた。これは日本が海底地名登録を認めたと解釈できる。大統領府当局者は柳次官の発表後、「結局、海底地名登録は韓国の‘正当な権利’ということと、必要な準備を経て適切な時期に推進するという韓国の立場を日本側が受け入れたもの」と語った。

 しかし谷内次官の発表は違う。谷内次官は日本の記者たちに会い、「海底地形の名称に関する委員会で韓国が名称を提案するかどうかという問題については、6月には行わないという理解に至った。韓国は海底地名登録については今後、必要な準備を経て適切な時期に推進するという立場だと言及した」と語った。独島近海の海底地名登録を韓国の正当な権利と認めたのではなく、これに関する韓国の見解を聞いたというのが日本の見解だ。両国の会談が2回も決裂の危機を迎えたというのは正にこの文章のためだ、と外交消息筋は明らかにしている。

 これについて韓国側は「谷内次官が交渉結果を紹介する発表でこの問題に関する韓国の立場を紹介したのは、韓国の立場を認めたから。実際に谷内次官は交渉で韓国が海底地名登録を推進するのが正当な権利と認めた」としている。 【アン・ヨンギュン記者 】

さてさて、早速、「言った・言わない」が始まりました。今回も、「翻訳」に責任転嫁するのでしょうか。

いぇ、今回は、韓国側が会談後、交渉内容を追加、捏造しているようです。( お得意 ! ! )

「実際に谷内次官は、交渉で韓国が海底地名登録を推進するのが正当な権利と認めた」、「だから日本の調査船は、引き返した」としているようですよ。それについて、いまのところ、日本政府側からは反論がないようです。

しかも、今後、韓国の海洋調査船が、対象の海域の再調査に赴くことも予想される内容ですね。そのとき、日本政府はどんな対応をするのでしょうか。日本が調査しないで、今後も韓国の調査船が調査を続ける事態を許すとするならば、日本は実際に韓国の主張を認めたことにはなりませんか。そうならないように、キチンと対応を決めておく必要が生じたと思うのです。

「ゆっぱり。」「またか・・・」って感じでしょうか。韓国人の大好きな「念書」を、しっかり取ってあるのでしょうね。外務省さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「前線に行かせて」と英王子

行かせななら除隊も覚悟 

【ロンドン23日共同】23日付の英紙メール・オン・サンデーは、チャールズ皇太子の二男で今月陸軍士官学校を卒業したヘンリー王子(21)が「特別扱い」に反発、同僚と同じ待遇で紛争地帯の前線に派遣されなければ除隊も辞さないとの意向を上官に伝えていると報じた。

やんちゃな王子様。先日は、おとなしいとされたお兄様が問題を。

80歳を超えても、安心でない女王陛下さま。

イギリス王室は、勇敢な伝統を引いております。愛国心を率先して示す。立派であります。それも王室人気のひとつでありましょう。ただ、王子様の部下は、ハラハラ・ドキドキでありましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共謀罪、また審議入り

うっかり冗談も言えない。

石原伸晃法務委員会委員長、父君 都知事を塀の中に入れるつもりですか ?

テロを未然に防ぐ目的なら、共謀罪ではなく、もっと他の方法があるのでは ?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

またしても一時的合意 ?

日韓協議合意…韓国は名称提案せず

日本は調査中止

 【ソウル=中島健太郎、福島恭二】竹島周辺海域での日本の海洋調査に韓国が反発していた問題で、訪韓中の谷内正太郎外務次官は22日、韓国外交通商省の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官とソウル市内のホテルで断続的に会談を続け、同日夜、打開策で合意した。

 韓国は、6月の国際会議で韓国名の海底地形の提案をせず、日本も予定していた海洋調査を当面実施しないとした。これにより、調査の現場海域で日韓両国が衝突するという最悪の事態は回避された。

 会談は、21日午後から始まった。2日目の22日は、ソウル市内のホテルで午前9時半から午後7時まで、断続的に行われた。

 その結果、

<1>韓国は、6月にドイツで開かれる海底名称に関する国際会議で、竹島周辺海域の韓国語名の提案をしない

<2>日本は予定していた海洋調査を当面中止する

<3>日韓両国は排他的経済水域(EEZ)の境界画定に関する交渉を5月中にも局長レベルで再開する

――という3点で合意した。

 これまでの協議で、日本は、今回の海洋調査について、国際法に基づいた調査であると強調した。その上で、6月にドイツで開かれる海底名称に関する国際会議で韓国側が竹島周辺海域の韓国名の提案を見送れば、日本も調査を見送る考えを表明したが、韓国側は調査の中止が先決との立場を示し、平行線が続いていた。

 しかし、対立がこれ以上深まれば、日韓双方の利益にならないことから、ギリギリの妥協が成立したと見られる。谷内次官は会談終了後、記者団に「このまま事態が進むと不測の事態が起こりかねなかったが、避けられてよかった」と述べた。一方、柳次官は協議の中で、竹島周辺海域の韓国名提案について、6月の実施は見送るとしたものの、「必要な準備を経て、適切な時期に推進する」との立場は崩さなかった。

 安倍官房長官は22日夜、「今回の合意は、国際法にのっとり日韓両国が互いに冷静に対処し、円満に解決しようとした努力の結果だ。今後も韓国とは、話し合いを通じ、未来志向で友好を築いていけるよう努力していきたい」との談話を発表した。

 EEZの境界画定交渉は竹島の領有権問題で対立したまま中断している。今回の争いの根本原因について、日韓間の話し合い場を設けることで、今回のように対立が激化することを避ける狙いがある。しかし、日韓両国とも、今回の合意は一時的なものと見ており、今後、問題が再燃する可能性が高い。

 海上保安庁の測量船2隻は鳥取県の境港沖合で停泊しているが、23日に東京に戻る予定だ。  【読売新聞 - 4月22日】

韓国との外交では、合意後、必ず「言った、言わない」になります。

今回の合意が、一時的であるという見解は、正しいでしょう。

衝突回避のための合意で、問題解決ではないですね。結局、またしても、韓国にやられてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Wikitruth

『Wikipedia』が変だ !

最近、人気上昇中の『Wikipedia』。

今、人気の本『ウェブ進化論』にも紹介され、gooとの提携も報道され、ますます注目されているフリー百科事典です。

ところが、その編纂方針に疑問を持つヒトが増えました。実は、小生もそのひとりであります。

例えば、「蔑称」は『Wikipedia』には記載できないのだそうです。そういった類は『Wiktionary』へどうぞ・・・なんだそうです。

中国、韓国、北朝鮮をさして、「極東三馬鹿」は、確かに蔑称ですね。小生でもそのぐらいは「悪い」と思います。

しかし、「特定アジア」も蔑称として、『Wikipedia』は繰り返し削除しています。

理由は、「特定アジア」を載せてしまうことは、『Wikipedia』の「権威」を損ねてしまうからなんだそうです。

それなら、蔑称はすべての『Wikipedia』から外されているのでしょうか。

そこで、日本人の「蔑称」、ジャップ(jap)を『Wikipedia』で調べてみると、しっかり載っていました。また、朝鮮人の「蔑称」、チョンも記載されています。

こうした編纂の仕方を見ていますと、特定の国・地域、或いは特定の人種に都合の良い編纂をしているようで、何か特定のイデオロギーを感じます。

こうしたこともあって、『Wikipedia』に疑問を感じている人たちが集まって、『Wikitruth』を作ったそうです。

関連リンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命懸けの海上保安庁隊員

Photo中国機へのスクランブル8倍増、昨年度は107回
  2005年度に、領空侵犯のおそれがある外国機に対して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数は、前年度比約6割増の229回で、このうち中国機に対する発進回数が前年度の8倍の107回と急増し、過去最高を記録したことが、防衛庁統合幕僚監部のまとめで分かった。【読売新聞】

大胆な中国。それに対する海上保安庁隊員・職員の緊張が高まるばかりです。

日本の外交官の皆さん、定年後の年金ばかりを考えないで、もっとしっかり命懸けでやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K.Yの日

今日は何の日

平成元年4月20日を忘れてはなりません。

別名、「珊瑚の日」と言う方もいらっしゃるそうですが、それではあまりにも珊瑚が可哀想。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

犯罪者天国、日本

光市母子殺害事件に思う。

最高裁における、加害者側弁護団の態度に唖然としたものですが、どうも日本は犯罪者に甘すぎる。サリンの浅原とか、幼女殺害の宮崎などがこの世に存在していること自体、日本は「犯罪者」天国だと思います。(働かなくても、食べていけるし、ただで医療サービスを受けている)

悪いことをしても殺されない。何をしても命の保証がある。これが、犯罪を助長し、いよいよ凶悪化になっている原因だと思います。

また反面、「横浜事件」のような「冤罪」もあります。「帝銀事件」のように「闇に葬られた」例もありますから、慎重になることは勿論大切ですが、毅然とした態度も必要だと思います。

かの国のように、判決、即、死刑実行、という例もあります。

しかし、刑期を終えた人に対する対応も、しっかりしなくてはなりません。性癖が主因の犯罪のように、再犯を繰り返すようでは困りますが、そうでない場合もあります。

例えば、約20年前に起きた「戸塚ヨットスクール事件」です。その戸塚宏さんが、もうすぐ帰ってくるとされています。

当時の彼に対するマスコミの報道の仕方は、「スバルタ教育」「悪の権化」と、決め付けていたようでした。それを契機とするように、子供に対して「甘い」風潮が加速され、現在の姿になってしまったということで、彼の「教育理論」を理解している人もたくさんいます。

「ニート」が蔓延している今、彼の考え方に、今一度振り返ってみることもひとつの案だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新庄が引退 ?

Photo日本ハム、新庄が引退へ 球界の枠超えるスター性
 プロ野球日本ハムの新庄剛志外野手(34)が18日、今季限りでの現役引退を表明した。この日、東京ドームで行われたオリックス4回戦後のヒーローインタビューで「今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました」と話した。シーズンが開幕してわずか1カ月足らずという異例の引退表明。米大リーグでもプレーしたスター選手が17年間のプロ生活に別れを告げる。【共同通信】

えっ ! !  ホントですか。

あの肉体美、元気のよいパフォーマンス。ウソでしょう ?

確か、十年ぐらい前も、辞めると言って、すぐ撤回したことがあったですよネー。

しかし、本人のことは本人しかわからない部分がありますね。

後から、「ううーーーーーそ」なんちゃって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見捨てない ?

「日本は見すてない」――拉致問題でポスター20万枚

「【拉致】日本は見すてない」――。北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決、真相解明への強い思いを表した政府のポスターが17日、完成した。【読売新聞】

えっ ? このポスターは、日本政府が、「ニート」に向けて、いった言葉なんでしょう ?

日本は見捨てないから、税金を払ってくれーって・・・。知らなかったの ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公売はPSEマーク不要?

国の対応遅れ、混乱続く

 安全性を示す「PSE」マークのない中古家電の販売禁止に絡み、自治体が地方税の滞納者から差し押さえた製品にマークが必要かどうかをめぐる国の法解釈が定まらないまま、インターネット上で公売手続きが始まっていることが16日、分かった。
 PSEマークは4月1日に本格スタートしたが、直前になって、事後検査を前提に事実上販売が容認されるなど、経済産業省の対応が迷走している。
 公売の取り扱いに関する見解が遅れたのはその余波。自治体からは「法律は施行されているのだから、早く判断してほしい」と不満が出ている。
 同省は、自治体が差し押さえをしても所有権は移転されないなどの理由から、公売はマークが必要となる「販売事業」には当たらないとする方針だが、「政府内での調整に時間がかかっている」と説明している。  【共同通信 - 4月16日】

さて、古物商のように「レンタル」なんてわけにはいかないでしょうか。

それにしても、最初のころの、「安全性追及の精神」は、どこに行ってしまったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公立塾 ?

塾に通えぬ小中学生に

 経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる方針を固めた。

 通塾する子どもとの学力格差を解消するのが狙いで、放課後や土・日曜に国語や算数・数学などの補習授業を行う。

 来年以降、団塊世代の教員が相次ぎ定年を迎えることから、文科省では「経験豊富なベテラン教師たちに今一度、力を発揮してもらいたい」と話している。

 教員OBによる学習指導は、希望する小・中学生を対象に、放課後や土・日のほか、夏休みなどの長期休暇を利用し、小・中学校の教室や公民館、児童館などで行う。受講は無料とし、テキスト代などは参加者に負担してもらう方向で検討する。

 教員OBの確保は、講師希望者を事前登録する「人材バンク」のような制度の整備を目指しており、計画が固まり次第、各都道府県教委などに協力を呼びかける。講師への謝礼などについては、今後さらに協議する予定だ。

 文科省は、長崎市で2003年7月に起きた少年による男児誘拐殺人事件などを受け、地域住民と子どもたちが一緒に遊びやスポーツを楽しむ「地域子ども教室」を推進している。教員OBによる学習指導は、この事業を拡大する予定で、各都道府県を通じ、市区町村に運営費用を支援する。  【読売新聞 - 4月16日】

親の経済格差で生じた、「負け組み」の子どもに愛の手を ? ?

これは根本的におかしな理屈ですね。公立塾に入れる条件などがどうなのかこのニュースだけでは分かりませんが、所得の少ない家庭や、公務員は入れないという「公立幼稚園」の入園条件に準ずるのでしょうか。

それよりも、塾にたよらないような「学校」を考えることも必要ではないでしょうか。

とにかく、これで新たな天下り先を確保したことは、間違いないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新光触媒

室内光で物質を分解

光触媒は、光を当てることで汚れやにおいの原因となる化学物質を分解する技術で、従来の光触媒は太陽光に含まれる紫外線を当てる必要があり、屋外での利用が中心でした。13日、東京で開かれた報告会は、最近、蛍光灯や電球など室内の光で作用する新しい光触媒が開発されたことから、その実用化を目指して、新エネルギー・産業技術総合開発機構が開いたもので、出席したメーカーの担当者から壁や天井の材料やカーペットなどに応用した例が報告されました。国内の電機メーカーによりますと、新しい光触媒を施した天井用の板で実験を行ったところ、表面に塗った化学物質が、蛍光灯の光を当てるだけで、24時間でほとんど分解できたということです。この技術を使えば、建築材料に含まれるホルムアルデヒドなどの有害な化学物質を、手軽に無害なものに分解できるということで、各メーカーは来年までに実用化したいとしています。光触媒を発見した東京大学の藤嶋昭名誉教授は「室内で利用できる新しい光触媒は、シックハウス症候群などの問題解決にもつながり、さまざまな活用が期待できる」と話しています。
【NHKニュースより】
これも画期的ですね。普通光で分解できると言うことは、様々な用途が見込まれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2チャンネルのRSS

Photo2ちゃんねるのスレッドや書き込みの新着がRSSで取得可能に
 大規模掲示板サービスの2ちゃんねる公認のRSS配信が開始された。専用ページから各掲示板のRSSを取得できる。【impress Watch】

悪名高き ? 2チャンネル。しかし、その社会現象としての存在意義を認める動きも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆで卵ジャンプ、とらえた

Photo理論予測通り実証-慶応大教授
 ゆで卵を水平に回転させるとやがて起き上がり、ジャンプする-。慶応大学の下村裕教授(力学)らが数式で予測した現象を、実験で実証することに成功した。論文は12日付の英王立協会紀要誌電子版に掲載された。【時事通信】

コロンブスの卵以来の発見 ?

卵を回転させると、立ちあがることはよく知られていますが、ジャンプするとは ! !

この形状の特性を生かして、また新たな発明が起こるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛国心

座長案「国・郷土を愛する」を明記

教育基本法改正

 自民、公明両党でつくる「教育基本法改正に関する検討会」座長の大島理森・元文相が、12日午後の会合で提示する座長案の概要が明らかになった。

 焦点となっている「愛国心」の表記については、「伝統と文化を尊重し、それらを育(はぐく)んできた国及び郷土を愛する」とする。さらに、「他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する心」と盛り込み、国際社会に貢献する姿勢も明確にする。

 与党はこうした座長案を軸に調整を進め、13日に与党の幹事長らでつくる「教育基本法改正に関する協議会」を開いて、改正案を確定させたい考えだ。

 愛国心の表記を巡っては、公明党が「『愛国心』は、戦前の国家主義を連想させ、統治機構を愛すると解釈する余地がある」などとして、難色を示してきた。大島氏の座長案は、「伝統と文化を育んできた国」と位置づけることで、公明党の理解を求めるものだ。

 検討会はすでに、教育基本法改正案をめぐり、「宗教教育」の表記は、「宗教に関する寛容の態度」などを尊重するとした現行規定を踏襲することを確認している。自民党が主張していた「宗教的情操のかん養」の明記は見送る。

 義務教育のあり方は、義務教育年限の延長を視野に現行の小、中学校合わせて「9年」としている年限を削除する。「教育行政」で、自民党が削除を求めていた現行の「教育は、不当な支配に服することなく」との文言は、そのまま残す方向だ。

 このほか、現行法にはない、「生涯学習」「大学教育」「私立学校」「幼児教育」「家庭教育」などの項目を新たに盛り込むことにしている。

 公明党は12日午前、拡大文部科学部会を開き、検討会メンバーの太田昭宏幹事長代行が教育基本法改正案の検討状況を説明した。部会は今後の対応を、太田氏らに一任することを決めた。   【読売新聞 - 4月12日】

「愛」も「国」も「心」も、念うことがなかったから、モラルの欠如した社会になってしまったのだと思います。

素直にストレートに、「愛国心」を明記できない国家は、正常とはいえませんね。

アメリカ・ホワイトハウスのキッズ・コーナーを見てみましょう。アメリカだけではなく、どの国も、建国、国の維持を真剣に考え、努力しています。

「国」が、「空気」のように自然に感ずる(感じない)日本という国は、ある意味、幸せ過ぎるのかもしれません。

いずれにしても、いつまでも過去を引きずっている公明党とは、そろそろ決別すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたらしい進化論

私が感動した進化論に関する書物 4冊

〇 ダーウィンの『種の起源』(1859)

  「進化」という考え方を、生物進化を通して広めた。

〇 穂積陳重の『隠居論』(1891)

  道徳の進化を、老人に対する待遇を通して示した。

〇 木村資生の『生物進化を考える』(岩波新書 赤-19 1988)

  生物の進化は、偶然の累積の結果であることを数字で示した。

〇 梅田望夫の『ウェブ進化論』(ちくま新書 582 2006)

  ウェブの内と外の、「仮想空間」の進化論

人間は、神を創造し、0を発見し、そしてバァーチャル(仮想)空間を生み出しました。

リアル空間は閉じた空間で、十分な時間が経てば、全てのものが蒸発するといわれております。(エントロピー理論)

しかし、ブァーチャル空間と呼ばれる情報空間では、消去されない限り、永遠で、無限の広がりを持つ理想空間です。そして、その創造主は人間ですね。しかし、本書では「神」と表現しておりました。つまり、この世界では、人間は神の視点からこの空間を見ることができるということなのでしょう。

ということは、この空間をつかさどる人間に必要なのは、謙虚な心だと、私は思いました。善でも悪でもない空間を、良くも悪くも使うもその人の心次第でしょうから、その空間の住人は、自らが「創造主」という、おごれる気持ちにならない事が肝要だと思いました。

リアル空間とブァーチャル空間という二つの空間に生きるこれからの人は、両方の空間に、経済圏や文化圏を創出していて、その中で生活するという新たなスタイルが生まれています。そして、その空間に生きる人のための「共通な規範」を設けることになっていくと思います。

リアル空間では死んでも、ブァーチャル空間では、消去されない限り永遠に生きつづけることも可能ということなのでしょう。とすると、バァーチャル空間での「消去」とは「殺人行為」と、いうことになるのでしょうか。

いままで、永遠の命を、著書などの作品に求めてきたものが、プログラムとして永遠に行き続けることが可能となりました。

今後、どのように進化していくのか、興味が沸きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害時ボランティア

いざという時に

ひとたび、地震、かん水など、大規模な災害が起こると、その地域にたくさんのボランティア志願者が集まってきます。

こんなにたくさんの方の善意が集まると、日本も捨てたものではないと思います。

しかし、その殆どが「役に立たずに」帰っていくことになります。「役に立たない」どころか「迷惑をかけて」帰ることもあります。

そうならないために、日ごろから有事 ? に備えて訓練をしておくことが大切です。

ボランティアといえば、県のボランティア協会を思い出しますが、まずは、最寄の「社会福祉協議会」に行ってください。そこで、各種ボランティアの取りまとめをしているはずです。

そして、絶対にしてはならないことは、個人プレイです。いくら、自発的な善意で、全部が個人の犠牲だとは言え、「小さな善意、大きなおせっかい」ということになります。

また、直接参加できない人も、金品を提供して参加してくださる方が多いことも勇気づけられます。ところが、災害地に届けられるものの多くが、不要品、或いはゴミになります。その選別作業が大変です。被災地では既に備蓄品が用意されていますから、「募金」で参加しましょう。また、その余剰金は基金となり、その後のボランティア活動に活用されます。

それから、企業でボランティア活動をする計画、(例えば退職者のその後の生活指導の際も、ボランティア活動を取り入れる場合など)がある場合も、必ず、最寄の「社会福祉協議会」に相談してください。

災害時ボランティアの経験をされた方はよくお分かりだと思いますが、組織に参加して、それに従った方が効率的で安全ですね。

また、ボランティアの経験をされた方は、自衛隊の活動に感銘を受けたでしょう。あそこまでに至ることはできませんが、教えられることは多いですね。

とくに、各地から集まる自衛隊の「お風呂」は、素晴らしいですね。

離職して余暇のある方は、是非、災害時ボランティアに登録してください。そして、あなたの貴重な経験や力を提供してください。

また、余暇のない人でも、災害時にボランティアがどのように動くかを予め知っておくことで、いざ災害時にボランティアを受け入れる際に、きっと役に立つと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我々の年金が・・・

<社保庁>所管の2公益法人が補助金不正支出

 社会保険庁所管の全国社会保険協会連合会(全社連)など二つの公益法人が、計約1800万円の補助金(委託費)を不正に支出していたことが明らかになった。同庁が3日、発表した。全額返還されているが調査は続いており、補助金の不正支出額はさらに膨らむ可能性もある。
 同庁によると、国が設置した病院などの経営を委託されている全社連では、加盟団体の宮城県社会保険協会が実際は雇用していない臨時職員への給与費として774万円を不正受給して、パンフレットや切手代に充てていた。全社連自体も、福利厚生費として支給されていた補助金を、湯河原への職員の親ぼく旅行や居酒屋での忘年会などに200万円使っていた。
 また、生活習慣病の予防健診指導をしている社会保険健康事業財団でも、本部と全国18支部で福利厚生費として受けた補助金計410万円以上を、レストランでの食事代などに使っていた。
 両法人をめぐっては昨年10月、総務省の調査で計670万円の不正支出が明らかになり、是正勧告を受けていた。社会保険庁が過去5年にさかのぼり再調査した結果、不正支出額が膨らんだ。
 同庁医療保険課の武田俊彦課長は「他の用途に使えないよう、証拠書類の添付による中身の審査を強化するほか、福利厚生費など使途にあいまいさの残る費目をなくしていきたい」と話している。【北川仁士  毎日新聞 - 4月3日】

またしても『官僚の天下り』

我々の年金が、こんな使われ方をされているとは・・・。

足りなくなるはずですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンパが脳腫瘍の原因 ?

【ストックホルム 31日 ロイター】- スウェーデンの国立労働生活研究所は3月31日、悪性脳腫瘍の診断を受けた20-85歳の905人の携帯電話使用状況を調査した結果、携帯電話を長期間使用した場合、脳腫瘍リスクが上昇する恐れがあると指摘した。  携帯電話の使用と脳腫瘍の因果関係の可能性を指摘したこの結論は、昨年、世界の携帯電話の人体への影響に関する研究を総括し、携帯電話やテレビ塔の電磁波の悪影響を示す証拠は見つからなかったとしたオランダ保健審議会の発表や、今年1月に発表された、携帯電話の頻繁な使用や長期使用と腫瘍との因果関係はないとした英調査の結論と、真っ向から食い違っている。  スウェーデン調査は、「悪性脳腫瘍患者905人のうち85人が、携帯電話の通算の使用時間が2000時間を超えるいわゆるヘビーユーザーで、早い時期から携帯電話の使用を始め、使用頻度も多かった。
高圧電線の下とか、電波塔の近くは、癌の発生率が高いといわれていました。それを裏付ける報道ですね。
小生もアマチュア無線を楽しんでいた、いにしえの頃、高出力電波を使う人は、抜歯が早いと言われていました。
最近気になる小生の頭髪、これも若気の至り ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中国のパンダ外交

台湾、中国が贈るパンダ拒否 - 海外 3月31日(金)21時22分~22時40分

Photo<パンダ>台湾が受け入れ困難と結論 事実上の受け入れ拒否
  【台北・庄司哲也】中国が台湾への贈呈を提案した2頭のジャイアントパンダについて、台湾行政院農業委員会(農水省)の諮問会議は31日、「現段階ではワシントン条約に沿うことが出来ない」として受け入れは困難との結論を出した。台湾当局が最終決定するが、結論が覆る可能性は低く、事実上の受け入れ拒否となった。【毎日新聞】

中国は、「台湾は中国の一部だから、パンダは国内を移動するだけ。ワシントン条約には抵触しない」と、いう意味でしょう。

パンダを受け入れてきた日本などは、中国の属国ということでしょうか。

中国からの「贈り物」には、そんな意味があったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友好増進へ-会談全容判明

「メディア重視」=「感謝の気持ち、伝達を」と中国主席 

【北京1日時事】中国の胡錦濤国家主席が3月31日に北京で橋本龍太郎元首相ら日中友好7団体会長らと会談した際、「友好事業の将来は明るい。誰も止めることはできない」と期待を表明、友好感情増進に向けて「指導者とマスメディアは(世論を)導く責任があり、役割は重要だ」と述べ、日本側を念頭に、正確な報道や適切な言論で両国国民感情の悪化を防ぐ必要性を指摘していたことが1日、分かった。会談記録や出席者の証言で判明した。胡主席は「私が1980年代に中日友好に携わって以降、20年が過ぎた。帰国したら感謝の気持ちをぜひ皆様に伝えてほしい」とも表明。同主席は小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題の解決とともに日中関係改善に向けた意欲を見せた。

非常に気になる胡錦濤国家主席の「感謝」ということぱ。

これは、橋本元首相が国を売ったのか、そして、その返礼なのでしょうか。

中国のいう、マスコミの世論誘導とは、朝日新聞のように、中国に都合のよい報道をせよと言う事でしょう。

そして、中国の『関係改善』という名の要求は、日本指導部の靖国参拝を中止することですね。

つまり、日本の心を、中国に捧げよということ。

畢竟、中国の属国になれということ。

中国の言う「友好」とは、そういうことですね。

クセだまを投げつづける中国。それに対して

安倍・麻生氏がそろって批判 中国主席の靖国発言

 安倍晋三官房長官と麻生太郎外相は二日、フジテレビの「報道2001」などに出演し、「靖国神社参拝をやめれば首脳会談を開く」とした中国の胡錦濤国家主席の発言を強く批判した。「対中外交」が総裁選の争点となりつつあるなか、有力候補の二人が足並みをそろえる形となった。
 安倍氏は、胡主席の発言について、「一つの問題を理由にすべての話し合いを閉じる中国のやり方は間違っている。違いがあるからこそ話し合うべきだ」と批判。経済関係を維持・拡大していくためにも「(中国の)圧力に対して『やっぱりおかしい』と言わなければならない」と述べた。
 麻生氏も「靖国問題一つを理由に国家のトップが会わないのは問題だ。問題があるのなら解決の方法として会うことが大事だ」と同調。その上で、中国の軍事力増強を「脅威」と述べた麻生氏の発言に中国側が反発していることについて「『脅威という言葉を使うのはおかしい』というのがおかしい。もし日本が中国と同率で毎年軍事費を増強したら脅威に感じない国があるのか」と述べた。
 また、両氏は小泉純一郎首相の靖国神社参拝を支持する姿勢を示したが、自らが首相になっても参拝するかどうかについては「参拝するしないを政治的スローガンにするつもりはない」(安倍氏)、「国益を考えて適切に判断する」(麻生氏)とそれぞれ明言しなかった。  【産経新聞 - 4月3日】

小泉首相との「直接対談」を拒み続ける中国の胡錦濤国家主席。

なにがそんなに怖いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気拡大バブル期並み

今月で4年3か月…戦後2番目

 2002年2月から始まった現在の景気拡大期は、4月も拡大が続いて期間が4年3か月となり、バブル景気(1986年12月~91年2月)と並ぶ戦後2番目の長さになることがほぼ確実となった。

 今後は、景気拡大が11月まで続いて戦後最長の「いざなぎ景気」(65年11月~70年7月の4年9か月)を超えるかどうかが焦点となる。

 いつまでが景気の拡大期かという正式な判断は、実際に拡大局面が終わった1年ほど後に、内閣府の景気動向指数研究会が決めるのが通例だが、当面の判断材料としては、政府が今月中旬に示す4月の月例経済報告で、景気の基調判断を「回復」に維持すれば、バブル景気に並んだことが確実となる。

 3月31日の年度末に東京株式市場の日経平均株価(225種)が6年ぶりに1万7000円台をつけるなど株価も回復基調にある。企業業績も好調で、「景気拡大は当分続く」(民間調査機関)として4月も政府が景気回復の判断を維持するとの見方が大勢だ。

 ただ、02~04年度の国内総生産(GDP)の実質成長率は平均で1・7%で、11~12%の高成長が続いたいざなぎ景気や、5%前後の成長となったバブル景気に比べて成長率は低い。大企業と中小企業、大都市と地方などの「格差」も見られ、「実感に乏しい景気拡大」との指摘も多い。【読売新聞 - 4月2日】

低金利政策、そしてリストラによって達成された数字。フツーでない方法での好景気ですから、庶民としては全く実感が湧かないですね。

また、以前のバブル期では、一億円以下のトレーダーは「ゴミ」と呼ばれていました。ところが今、ゴミ以下のチリをコンピューターで寄せ集めての株投資です。いや、株投機です。こんなアブノーマルな要素で成り立っている現在の好況。経済を舵取っている方々は、その本質を捉えないと、取り返しのつかないことになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナルニア国物語

Nal ★ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年アメリカ)★

監督: アンドリュー・アダムソン

原作: C・S・ルイス 

出演: ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージー・ヘンリー/ 
ティルダ・スウィントン/ジェームズ・マカヴォイ/ジム・ブロードベント

家内と末っ子と一緒に観に行きました。既に続編が決定されていると言います。

わたしがこのようなファンタジー映画に興味を持ったのは、「ネバーエンディング・ストーリー」からです。それから比べても、最近の映像技術はすごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国が中間線越え調査

東シナ海、航空機で

 日本と中国が対立している東シナ海のガス田開発に関連し、中国が今年に入り東シナ海の日中中間線を越えて複数回にわたり、目的を明かさないまま航空機を使った調査活動を行ったとして、日本政府が抗議していたことが1日、分かった。資源調査に向けた基礎的なデータ収集を行った可能性があるとみられている。日米関係筋が明らかにした。

 調査実施にあたり、中国は事前に通告した。日本は、調査の目的に関し情報提供を求めたが、そのまま調査を行った。日本は事態を放置すれば、自らの排他的経済水域(EEZ)内での中国の活動を黙認することになりかねないとして抗議に踏み切った。中国は回答していない。  【ワシントン1日共同】

中国の行動が強行的になってきました。緊張が高まるばかりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »