« Wikitruth | トップページ | 共謀罪、また審議入り »

またしても一時的合意 ?

日韓協議合意…韓国は名称提案せず

日本は調査中止

 【ソウル=中島健太郎、福島恭二】竹島周辺海域での日本の海洋調査に韓国が反発していた問題で、訪韓中の谷内正太郎外務次官は22日、韓国外交通商省の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官とソウル市内のホテルで断続的に会談を続け、同日夜、打開策で合意した。

 韓国は、6月の国際会議で韓国名の海底地形の提案をせず、日本も予定していた海洋調査を当面実施しないとした。これにより、調査の現場海域で日韓両国が衝突するという最悪の事態は回避された。

 会談は、21日午後から始まった。2日目の22日は、ソウル市内のホテルで午前9時半から午後7時まで、断続的に行われた。

 その結果、

<1>韓国は、6月にドイツで開かれる海底名称に関する国際会議で、竹島周辺海域の韓国語名の提案をしない

<2>日本は予定していた海洋調査を当面中止する

<3>日韓両国は排他的経済水域(EEZ)の境界画定に関する交渉を5月中にも局長レベルで再開する

――という3点で合意した。

 これまでの協議で、日本は、今回の海洋調査について、国際法に基づいた調査であると強調した。その上で、6月にドイツで開かれる海底名称に関する国際会議で韓国側が竹島周辺海域の韓国名の提案を見送れば、日本も調査を見送る考えを表明したが、韓国側は調査の中止が先決との立場を示し、平行線が続いていた。

 しかし、対立がこれ以上深まれば、日韓双方の利益にならないことから、ギリギリの妥協が成立したと見られる。谷内次官は会談終了後、記者団に「このまま事態が進むと不測の事態が起こりかねなかったが、避けられてよかった」と述べた。一方、柳次官は協議の中で、竹島周辺海域の韓国名提案について、6月の実施は見送るとしたものの、「必要な準備を経て、適切な時期に推進する」との立場は崩さなかった。

 安倍官房長官は22日夜、「今回の合意は、国際法にのっとり日韓両国が互いに冷静に対処し、円満に解決しようとした努力の結果だ。今後も韓国とは、話し合いを通じ、未来志向で友好を築いていけるよう努力していきたい」との談話を発表した。

 EEZの境界画定交渉は竹島の領有権問題で対立したまま中断している。今回の争いの根本原因について、日韓間の話し合い場を設けることで、今回のように対立が激化することを避ける狙いがある。しかし、日韓両国とも、今回の合意は一時的なものと見ており、今後、問題が再燃する可能性が高い。

 海上保安庁の測量船2隻は鳥取県の境港沖合で停泊しているが、23日に東京に戻る予定だ。  【読売新聞 - 4月22日】

韓国との外交では、合意後、必ず「言った、言わない」になります。

今回の合意が、一時的であるという見解は、正しいでしょう。

衝突回避のための合意で、問題解決ではないですね。結局、またしても、韓国にやられてしまいました。

|

« Wikitruth | トップページ | 共謀罪、また審議入り »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ども、初めまして。

(韓国名提案について)「必要な準備を経て、適切な時期に推進する」ですか・・・

統一地方選挙向けの期間限定の発言なのか、それとも、選挙終了後も試み続ける意思表明なのか・・・はてさて?

にしても、日本の海洋測量船(とは言っても海上保安庁の艦艇)を本当に拿捕しちゃったりしたら、自衛隊等が奪還作戦を発動してもおかしくない状況になるやもしれなかったですね。

直接、外国に乗り込めない自衛隊に代わって、米軍さん動いてくださいなんて話になったら・・・日韓両方と安全保障条約を結んでいる米国は、困った立場に立たされたやも。

・・・さて、竹島周辺を守備するつもりか、放棄するつもりか・・・どないすんでしょ?

* westwind@周防国 *

[profile:Masasan_200604222140]

投稿: westwind | 2006年4月23日 (日) 13時42分

westwind さま、TBとコメントありがとうございます。
「解決」しないで「一時的」に合意したことは、韓国の勝利です。
タカリの「素」を維持できたのですから。

投稿: masasan | 2006年4月23日 (日) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/9713487

この記事へのトラックバック一覧です: またしても一時的合意 ?:

» 「先送り」と「一時的な中止」の違いは? [もののけ電波塔・ブログテスター]
竹島(韓国名:独島)周辺で日本が行なおうとしている海洋測量に関して、日韓両政府の間でやりあっている言葉の応酬。 そのなかに、 「6月に開かれる海底地形名称小委員会で、韓国名を統一名称の候補として提案するのを取りやめれば、日本は海洋調査の実施を先送りする」 「日本は一時的でよいから海洋調査の実施を中止してほしい」(韓国政... [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 13時27分

« Wikitruth | トップページ | 共謀罪、また審議入り »