« 格差が戦争の原因 ? | トップページ | あたらしい憲法のはなし »

「靖国」は外交カードではない

まくしたてる中国

またしても中国は、靖国参拝を取りざたにしました。「愚か」という強い表現まで使いました。
それに対して日本は、靖国参拝は外交カードにはならないとし、トップの話し合いをいつでも応じるとしています。
しかし、中国などは「ドタキャン」までして、話し合いに応じません。
どうやら、話し合いをするのが怖いようですね。
今回、中国がトップの話し合いをするのが怖い理由は二つ考えられます。
ひとつは、自分たちの「愚か」がバレてしまう。
つまり、自分たちが愚かであることが分かってしまうのが怖いので、先に相手に対して「愚か」と言っておく。
日本の幼稚園児が言う「バカと言ったヤツがバカなんだ」というレベルですね。
ふたつめは、東シナ海のガス田の問題から話を逸らそうとしている。
確かに、局長レベルでの話し合いをしているように装っています。
しかし、中国と言う国は、漢の代からの冊封国家。相手を見下して、まともに話し合う気なんて最初からない。
今回の協議も、無理難題をふっかけての時間稼ぎですね。
その間に、ドンドン、ガス田開発を進めてしまって、ストローで吸い上げてしまおう・・・という魂胆はミエミエです。
これも、特定アジア人の特徴ですね。
私はいつも感じるのですが、特定アジア人の会議に対する「背景」には、目前の利害、感情以外は何もない。
そして、自分に都合の悪い事態になるとまくしたてて、その場をごまかそうとする
皆さんの中にも、感情的に昂揚する特定アジア人に手を焼いた経験のある人も多いと思います。

こんな国家が、国際舞台を設けることなんて出来るでしょうか。

例えば、北京五輪で日本人が金メダルを取ったとき、ちゃんと日の丸を揚げて、君が代を流してくれるでしょうか ?

「靖国」を持ち出して、表彰式カットなんて。

それよりも暴動が起きるかも。

こんな国家のオリンピック、万国博覧会に、日本人を派遣するなんて、怖い怖い。

|

« 格差が戦争の原因 ? | トップページ | あたらしい憲法のはなし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いやはや、お恥ずかしい話ですねぇ。
その「バカ」に踊らされてホイホイと言いなりになっている国会議員がいる。
まがいなりにも、自民党の総裁にまでなった(首相にはなれなかったのが救いだが)奴なのに…。
まあそんな連中がいてる限り、中国は日本の事を屁とも思わないでしょう。
中国人のスゴイ所は、日本の国益を考えるより自分さえ良ければいいと思っている奴(河野・二階・等)を作り利用する事が出来るって事ですね。
日本人がどんなに頑張って努力しても、中国人のあざとさにはかなわない(脱帽)。

投稿: 諷太朗 | 2006年3月 8日 (水) 13時41分

諷太朗さま、コメントありがとうございます。
その通りですね。
中国は、日本の国会議員のほかに、日本のメディアまで味方にしています。
いえ、中国が頼まなくても、率先して中国デンパを流布するアホなメディアですから始末におえませんね。
それで、日本の視聴者からデンパ料を徴収しようとするのですから、中国並みに図太いですね。

投稿: masasan | 2006年3月 8日 (水) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/8997647

この記事へのトラックバック一覧です: 「靖国」は外交カードではない:

« 格差が戦争の原因 ? | トップページ | あたらしい憲法のはなし »