« おめでとう、荒川静香選手 | トップページ | 今を楽しむ »

中国臓器移植の死亡例

7邦人、手術直後死亡

肝臓や腎臓の臓器移植を受けるため最近2年間に中国に渡った日本人少なくとも7人が、手術直後に上海や遼寧省瀋陽などで死亡していたことが26日、分かった。これまでに中国で移植手術を受けた日本人が、計180人以上いる事実も判明した。中国の臓器移植では、ドナー(臓器提供者)が死刑囚である点など人権上の問題が指摘されている。厚生労働省の研究班と日本移植学会は、安全性を含めた実態把握に向け、渡航移植者の調査に乗り出した。

日本外交筋や複数の臓器移植サポート組織によると、上海で2004年12月、05年3月、5月、12月、06年2月に日本人それぞれ1人が手術後に死亡、年齢は30-50代だった。このほか瀋陽で04年3月に40代の1人、湖南省長沙でも04年に1人が死亡した。

このうち5人は肝移植後、2人は腎移植後に死亡している。死因は手術後の呼吸不全、合併症や内臓多機能不全など。 【北京 26日 時事】

この数字が正確なものか。仮に正確として、多いと見るか少ないと見るか、判断の分かれるところでしょう。いずれにしても、移植希望者には切なるものがありますね。

|

« おめでとう、荒川静香選手 | トップページ | 今を楽しむ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/8863912

この記事へのトラックバック一覧です: 中国臓器移植の死亡例:

« おめでとう、荒川静香選手 | トップページ | 今を楽しむ »