« ボランティアの窓口 | トップページ | 秋篠宮妃紀子さま ご懐妊 »

「祭司たる天皇」を読んで

何をいわんとするのか、分からない

石原都知事のエッセイ「日本人よ」「祭司たる天皇」  (2006年 2月6日発売の産経新聞より転載)を読みました。

今回は珍しく、石原さんが何をいわんとするのか、よく分かりませんでした。むしろ、今回の石原さんらしくない文章から、石原さんの一面を見た思いです。

ところで、石原都知事は、昨年の黒田さんの結婚式で、来賓として出席しました。その後のテレビのインタビューから、石原知事はこの結婚式に相当感慨した様子でした。

石原さんだけではなく、多くの人が陛下をはじめとする皇族方のお人柄に触れ、その感激を伝えようとしています。そのたびに小生は、「無理に言葉にしなくても・・・」と、思うのですが。

さて、今回の石原さんの記事について、まず、神道を「普遍的な平和実現のための思想」としようとしたことは、少し無理を感じました。神道は、日本文化の表現の一つとしてとどめておくべきでしょう。

次に、陛下に対して、祭主として奥にいて欲しいといってみたり、靖国にお参りして欲しいといってみたり、統一していませんね。(気持ちとしては、理解できますが。)

ところで、石原さんのこの記事を読んで思い出したことがあります。

以前、小生がインドへ行ったとき、ある寺院の遺跡を訪れたことがあります。そこでまず、視察の前に、その寺院に礼拝しようとしましたが、その形式が分からなかったのです。

そこで、神道のように、2礼、2拍、1礼、でやったところ、そこのお坊さんが出てきて、「その礼拝は、心がこもってる」と言って、奥の間に通してくれたことがありました。

これは、決して小生の微力なんかじゃなく、まさに神道の形式が、他の宗教に通じた瞬間でした。なにか、宗教の普遍性みたいなものを感じ、嬉しかったことを覚えています。

|

« ボランティアの窓口 | トップページ | 秋篠宮妃紀子さま ご懐妊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/8546525

この記事へのトラックバック一覧です: 「祭司たる天皇」を読んで:

» 天皇に祭祀王としての復権を(1) [SHABADA Salon 紅りんごの詩]
フェミと女系推進論 NHK、またやってくれましたナ〜。(怒!) よりによって、ア [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 11時15分

« ボランティアの窓口 | トップページ | 秋篠宮妃紀子さま ご懐妊 »