« 中国での旅客機製造 | トップページ | 皇室典範改正案 »

<横田めぐみ物語>

米の映画祭で観客賞を受賞

 北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんのドキュメンタリー映画「アブダクション(拉致) 横田めぐみ物語」が27日(日本時間28日)、当地で開催されていたスラムダンス映画祭のドキュメンタリー部門で観客賞を受賞した。監督のクリス・シェリダン、パティ・キムさん夫妻は「期待していなかったので驚いている。大変光栄です」と喜びを語った。
 同映画祭ではワールドプレミアとして2回上映され、数日前にチケットが完売になるなど、米国人の関心も高かった。同映画は今後、米クリーブランド映画祭などへの出品も決まっており、映画祭での受賞を機に米国及び日本での公開を目指す。   【パークシティー(米ユタ州)鈴木隆毎日新聞 - 1月28日】

初公開のとき、幕が閉じると拍手が沸き起こったそうですね。

多くの人に見てもらって、問題意識を強くしてもらいたいものです。

ところで、年始の警察や外務省、官僚の強気の発言、どこに行ってしまったのでしょうか。

小生は、横田めぐみさんが元気で暮らしていらっしゃることを、確信しております。

|

« 中国での旅客機製造 | トップページ | 皇室典範改正案 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/8384757

この記事へのトラックバック一覧です: <横田めぐみ物語>:

» 映画『拉致〜横田めぐみ物語』が米国映画祭観客賞受賞!! [とろとろですとろん]
以前お伝えしましたドキュメント映画『拉致〜横田めぐみ物語』が夕方のフジ系ニュース番組によりますと上映されたユタ州スラムダンス映画祭にて観客賞を受賞したそうです。 この映画で多くの観客が始めて北朝鮮による国家的テロ「拉致」の存在を知ったと言う人も多かった....... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 00時00分

« 中国での旅客機製造 | トップページ | 皇室典範改正案 »