« 皇位継承-2 | トップページ | 官僚制度批判 »

皇位継承-3

皇室典範の見直し案について、

今まで何回となく愚考を書かせていただきました。
しかし、やはり大事なのは国民の総意よりも、陛下の御心が大事ではないかと思うのです。
その陛下は、常々「憲法の遵守」を表明されておられます。
皇室典範も法律のひとつで、法律は国会で決められるものですね。
ご自分のことをご自分で決められないと言うことは、庶民からしてみれば大きな矛盾を感ずるわけです。
どうも皇室とか宮中と言う世界は、私ども民草には分からない世界ですね。
そうした皇室の因襲に対して、今上天皇の今までの足跡を拝見しますと、「改革」に取り組まれているのではないかと思うのです。
例えば、ご成婚にしても民間からお迎えしました。
子育ても、
できる限りご自分でなされました。
民間の家庭生活に、なるべく近づけようとされたと思われます。
そして、娘様を民間に嫁ぐことになりました。
民間では当たり前のことを、皇室のなかで次々と実現されました。
次は「家」という因襲にとらわれずに、皇室にお婿さんを迎えることでしょうか。
こういうことは、もはや国会や国民が論ずることではなく、陛下のご意思にお任せするのが一番ではないでしょうか。
国会が「陛下のご意思に従う」という議決をすることができないのでしょうか。

陛下は国政に口をはさまない・・・という不文律があるといわれていますが、それはホントでしょうか。陛下の御心を勝手に曲解して、勝手に陛下の名の下で戦争をしてしまった前例があります。ここは素直に陛下にお伺いを立てるべきではないでしょうか。

国民投票で決めようと言う意見もありますが、もしあなたが、自分の家のことを町内会で勝手に決められてしまったら、どう思いますか ?


とにかく、皇室のことは皇室で決められるという「あたりまえ」の実現を願っております。
愛子さまが、本日4歳になられましたが、そのお写真をみて、あどけない可愛らしさの中に、言葉には表せない神々しさみたいなものを感じたのは私だけでしょうか。

|

« 皇位継承-2 | トップページ | 官僚制度批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

uchya_x さま
TBありがとうございます。
拙文をご紹介してくださり、ありがとうございます。
わたしは常々思っていますが、
皇族は国民ではありませんが、基本的人権はあるとおもいます。
皇族の方々にも、プライバシーは守られるべきだと思います。

投稿: masasan | 2005年12月 2日 (金) 08時55分

 はじめまして、トラックバック送らせていただきましたうちゃ(uchya_x)です。
 私は左寄りの人間で、”天皇制”には批判的なのですが、皇室に敬意を持たれている方の気持ちは尊いものと思ってます。
 国や国民が天皇家にどう向き合うか、についての議論であれば議会なり政府機関なりでやればいいでしょうが、天皇家がどうあるか、については皇族の方達が決めることだと思います。せいぜい言えたとしても「こうあって欲しい」という希望を述べるくらいでしょうか。(個人的にはそれもどうかな、という気がします。)
 皇族の方々の基本的人権やプライバシーについても同感です。

投稿: うちゃ(uchya_x) | 2005年12月 3日 (土) 10時16分

うちゃさま、コメントありがとうございます。
そうですね。
皇族にも、幸福な生活をおくる権利があると思います。
しかし、それについて反対意見も多く、「特権」とか「人権」とかいうテーマになってしまうと、大海に漂ってしまいそうです。
最近でも、皇室の「人権」を象徴することとして、皇太子の「皇太子妃の人権」発言がありました。
皇族には「特権」の代償として「人権」が奪われているのでしょうか。
こうしたことは、小生のような愚昧、浅学な者が論ずるべきものではないかもしれません。
わたしはただ単純に、皇室が、いつまでも幸せであるように祈っているだけです。
「男系男子」とか「女系容認」などと、議論が対立することは望ましくないと、反省しております。

投稿: masasan | 2005年12月 3日 (土) 11時17分

なんだか急ににぎやかになってきましたね
takeです

>もはや国会や国民が論ずることではなく、陛下のご意思にお任せ
>するのが一番ではないでしょうか。

ほぼ同意です。
世論調査でも、
・天皇・皇族の意見に従う
・天皇制廃止
この二つは是非項目に入れていただきたいものです。
私は男系維持派ですが、皇族方で話し合われて、結論が出されるのであれば賛成します。

それにしてもY染色体論は邪魔だ。

投稿: take | 2005年12月 3日 (土) 13時04分

takeさま、おひさしぶりです。
コメントありがとうございます。
「天皇制」廃止は、ある意味、大賛成です。
(天皇を否定するものではありません)
そもそも「天皇制」とは、天皇を無機的、機関的に捉えた「学術用語」ですね。
そして、その「天皇制」を利用したのが、現、日本国憲法の「象徴天皇制」だと思っております。
その結果、天皇陛下には、祭主としての重責に加えて、国事行為を法律で定め、激務を課すことになりました。
天皇の人権を無視した身勝手な憲法です。
皇室を敬愛する者のひとりとして耐えがたく思っております。
しかし、高徳な陛下は、「憲法を遵守」され、日々の激務をこなしておられます。
改憲の機があれば、こうした実情を広く国民に知ってもらい、皇室の在り方を国民一同反省し、あらたな「皇室制度」を模索しなければならないと思います。

投稿: masasan | 2005年12月 3日 (土) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/7411895

この記事へのトラックバック一覧です: 皇位継承-3:

» まったくその通り [Non-Fiction]
 昨日のgegengaさんの記事のトラックバック先をたどっていったら、まったく仰せの通り、というエントリーを見つけました。 皇位継承-3 こういうことは、もはや国会や国民が論ずることではなく、陛下のご意思にお任せするのが一番ではないでしょうか。  全面的に賛成いたしますよ。だいたい、まず第一に家族の問題ではないですか、当事者の意思が最初にあるべきだと思います。なんだか、皇位継承が話題になってから、男系を維持するためとか言いながら、「愛子様に旧宮家の婿をとってもらおう」とか「側室制度を復活させて... [続きを読む]

受信: 2005年12月 1日 (木) 23時16分

» 皇室典範に関する有識者会議報告書一 [悪の教典楽天市場店]
大日本帝國憲法第一條 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス第三條 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス第十一條 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス日本国憲法第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。第三条 天...... [続きを読む]

受信: 2005年12月10日 (土) 15時22分

» 男系天皇制か女系天皇制か──皇室典範に関する有識者会議をめぐる議論 [作雨作晴]
皇室典範に関する有識者会議での答申が小泉首相に提出され、そこでの結論が、女性天皇と女系天皇を肯定したものであったことから、天皇制の伝統を破壊するものであるといった批判的な意見が出て来ている。それと同時に、一方で、男女同権の現代の時代の趨勢に合致して賛成だといった意見に至るまで、さまざまな議論が出ているようである。 しかし、天皇制についての本質的な、理性的な、あるいは同じことであるが哲学的な論証に基づく議論はあまり多く... [続きを読む]

受信: 2005年12月11日 (日) 22時18分

« 皇位継承-2 | トップページ | 官僚制度批判 »