« タナボタではない | トップページ | 「特定アジア」-2 »

国が行動計画 新型インフルエンザ

タミフル備蓄強化/大集会の自粛勧告

 世界的な大流行の恐れが高まっている新型インフルエンザについて、厚生労働省は十四日、対策行動計画を正式に発表した。抗ウイルス薬タミフルの備蓄目標を現目標の一億五千万カプセルから二億五千万カプセルに増やし、国内発生時には未承認ワクチンも接種。厚労相が非常事態宣言し、大規模集会の自粛や出勤停止の勧告など一定の活動制限も規定している。
 厚労省は新型インフルエンザが大流行した場合、国内で受診患者が最大二千五百万人に上ると推計し、一人三日投与(六カプセル)で一億五千万カプセルの備蓄が必要と計画。だが、三日投与では中途半端な服用となり、耐性ウイルス発生なども懸念されるため、五日投与(十カプセル)が効果的と判断した。
 備蓄目標の割合も、従来は政府が三百六十万カプセル、都道府県が二千六百四十万カプセル、市場流通分で一億二千万カプセルとしていたが、通常のインフルエンザ流行後に新型が発生する可能性もあることなどから、市場流通分を四千万カプセルに減らし、政府と都道府県が一億五百万カプセルずつを備蓄することにした。今年度中に可能な限りカプセルの備蓄を進め、来年度中に目標数を確保する。
 行動計画は、平常時から世界的大流行時まで六つの段階(フェーズ)を国内非発生、国内発生に分類。予防や封じ込めなど五分野の対策を策定した。現在はフェーズ3A(人への新インフルエンザ感染が確認されているが人から人への感染は基本的にない段階で国内非発生)としている。国内でも患者が発生しているフェーズ6Bでは厚労相が非常事態宣言し、発症の疑いのある人の出勤停止を勧告するなどする。
 ■新型インフルエンザ 高病原性鳥インフルエンザウイルスが人から人へと容易に感染するように変異して出現すると考えられている。大半の人に免疫がなく、人口の25%が罹患(りかん)すると想定した厚生労働省の試算では、最大で受診患者は2500万人、死者は16万7000人。各国で行動計画づくりが進んでいる。                             【産経新聞】 - 11月14日15時19分更新 

 全く新しいパターンの遺伝子を持つインフルエンザのようです。ですから、従来の予防のためのワクチンは、この新種のインフルエンザには効果がないということらしいです。

 しかし、従来のインフルエンザ・ワクチンが、全く意味がないわけでもないようです。新種が猛威を振るうからと言って、今のインフルエンザが衰える理由にはなりません。今のインフルエンザに罹って、体力が消耗しているときに、新種のインフルエンザに「とどめをさされる」可能性もあるからです。

 次に、インフルエンザ・ウイルスに直接効くといわれている「タミフル」。確かに効果があります。しかし、この処方には気をつけてください。インフルエンザに罹ったと思ったときにスグ投与してください。時期を逸しては意味がありません。

 また、幼児に投与する際は、十分に気をつけてください。副作用が確認されています。幼児がインフルエンザを発症した場合は、熱がパッと出ます。他の病気と区別するために、すぐ医師の試薬でインフルエンザかどうか確認します。そしてインフルエンザだと確定したらすぐ飲ませてください。時間との戦いです。目安として、幼児への投与は2カプセル以上は推奨しません。

 「タミフル」はネットでも手に入ります。この情報で早速買占めが進んでいるようですが、政府は本気で備蓄に乗り出している姿勢を示しているようです。昨年度のように、病院で薬が不足しているのに、結局在庫が余るという事態にならないようにお願いしたいです。いずれにしても、普段からの自己防衛をしなくてはならないようで・・・。

ご参考にどうぞ。   http://www.asahi-net.or.jp/~ie3t-tnok/jyouhou/BIRDFLU/index2.html 

 http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/     

|

« タナボタではない | トップページ | 「特定アジア」-2 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

過去に2回もインフルエンザになったことあるのに、予防接種は1度も受けたことありません。新型インフルエンザの話も、テレビなどでよく取り上げられていますが、あまりピンとこなかったので「へぇ~」なんて言ってる程度でした。

〉今のインフルエンザに罹って、体力が消耗しているときに、新種のインフルエンザに「とどめをさされる」可能性もあるからです。
これみてすぐにインフルエンザの予防接種申し込みしました。

投稿: うずまき | 2005年11月15日 (火) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/7105673

この記事へのトラックバック一覧です: 国が行動計画 新型インフルエンザ:

» タミフルとバイアグラ [やさしい医療をめざして-新しい神経内科]
薬は思わぬ副作用を持つことがあります。タミフルによる中枢の副作用。バイアグラによ [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 09時34分

» タミフル、買占め進む [語り合おう]
鳥インフルエンザが、ヒト・インフルエンザに変異して大流行の可能性が強くなったことを受け、インフルエンザ・ウイルスに直接効くとされる「タミフル」の買占めが進んでいるようです。... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 11時29分

» 新型インフルエンザ [がんばるSOHO・・「35歳からの健康づくり」]
 新型インフルエンザの蔓延が心配されているようで、国もワクチンの準備を始めたよう [続きを読む]

受信: 2005年11月16日 (水) 22時06分

« タナボタではない | トップページ | 「特定アジア」-2 »