« これ以上の謝罪や賠償は求めない | トップページ | 春の雪 »

ALWAYS 三丁目の夕日

なつかしいー。

san 監督:山崎貴 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 掘北真希 三浦友和

今回も、家内の推薦。観客は、私どもと同じような年代のカップルが多かったと思います。

懐かしい人情モノですね。寅さんの代わりのシリーズものになってくれたらいいな・・・と思いました。

yuu 家族一緒に、夕日を美しく眺めることのできる時代に戻りたい気持ちになりました。

|

« これ以上の謝罪や賠償は求めない | トップページ | 春の雪 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
夕日綺麗でした。
時代は違っても自分のココロの中に
あの映画のような気持ちを持っていたいです。

投稿: tibini | 2005年11月20日 (日) 11時56分

トラバありがとうございました。
私もこの作品めっちゃ気にいって先日2回目を鑑賞してしましました。
夕日は今日も綺麗でした。
私たちもいつまでも変わらずにいたいですね・・・。

投稿: みぞ | 2005年11月21日 (月) 00時02分

実際にはこの時代には生まれていなかったのですが
何故か懐かしい気持ちになってしまいました。
不思議なほど暖まれた映画です。
こんなお話ならシリーズで観たいですね。
まだまだ良いエピソードもあるようですから。

トラバありがとうございました(^o^)/

投稿: こっちゃん | 2005年11月30日 (水) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/7202338

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 三丁目の夕日:

» 「ALWAYS三丁目の夕日」 [tibiniの画像日記]
この「ALWAYS三丁目の夕日」はどの世代にもきっと受け入れられると思います。 日本映画のいいところがたくさん詰まっていました。 以下ネタバレありです。 笑い、涙、優しさ、人との繋がり、そして昭和33年が細かく丁寧に描かれていました。東京タワーが建設...... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 11時57分

» 映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 Always 三丁目の夕日を観た。 そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。 日中戸締まりしている家なんてなかった...... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 19時37分

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [愛と虐殺の日々]
劇中でみる景色の懐かしきこと!!なぜ懐かしいのか?その答えは簡単である。あの家族の形が懐かしいのだ。33年前と変わらず沈む夕日の美しさが懐かしいのだ。 この作品は物が多く、便利で、恵まれていることが決して幸せでないと言う当たり前のことを感動的に再認識させ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 00時03分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [A path of happiness☆]
今朝思い立って、本当に見てきました。 結果… 泣きました。 ぽろぽろと。 以下感想。 ネタバレほぼナシです。 [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 20時43分

» Always  −三丁目の夕日-  (kazoo) [音楽業界をぶっ飛ばせ!!]
Always  −三丁目の夕日- 今日は始めて現在上映中の映画について 「Always  −三丁目の夕日-」   見てきましたよ この前の日曜日   本当は「チャーリーとチョコレート工場」を 見に行ったんだけど 完売しててさ   前々から見たかったこの映画....... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 22時05分

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [続きを読む]

受信: 2005年11月28日 (月) 10時38分

» ALWAYS 三丁目の夕日 [こっちゃんと映画をみまちょ♪]
思わずポロリときました。これは勝手な想像なのですが、恐らく今現在、劇場公開されている映画の中で、一番ハートウォーミングなお話ではないでしょうか? ビデオもケータイもプレステも無かったこの時代に、今、モノに何一つ不自由しない我々が一番欲しかった物がいっぱいありました。今日はこの映画の感想文を書きたいと思います。 【お話し】昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、... [続きを読む]

受信: 2005年11月30日 (水) 13時13分

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [続きを読む]

受信: 2005年12月10日 (土) 06時31分

» 「Always 三丁目の夕日」はゆるい映画。・・・そして殺意。 [jizo.net]
ALWAYS 三丁目の夕日  なんか懐かしそうな映画だなと思って、最近できたコンプレックスシアターに寄って来た。  映画自体は可も無く不可も無くと言ったところだろうか。  気になるのは登場人物の演技がゆるゆるな部分。  特に吉岡の演技が見てられない。  タイミングが気持ち悪い(^^;)。  「北の国から」とかは違和感無く見てたんだけどなあ・・・。  何でだ?  監督や演出家の演技指導がちゃんと行き届いてなかったんだろうか?  子役たちの演技にも限界感じたし。  仕方ないけど。  でもこの辺りは映画の... [続きを読む]

受信: 2005年12月20日 (火) 14時46分

« これ以上の謝罪や賠償は求めない | トップページ | 春の雪 »