« 国が行動計画 新型インフルエンザ | トップページ | 黒田さん、おめでとうございました。 »

「特定アジア」-2

北東アジア ?

歴史に「謝罪と反省」要求 日韓外相会談

Photo
 釜山のAPEC会場で、会談を前に握手を交わす韓国の潘基文外交通商相(左)と麻生外相=14日夕(共同)
 

 【釜山14日共同】麻生太郎外相は14日夕、韓国釜山のアジア太平洋経済協力会議(APEC)会場で、韓国の潘基文(バンキムン)外交通商相と就任後初めて会談した。韓国側によると、潘氏は「日本の指導者は、韓国民が信頼できるよう(歴史に対し)謝罪と反省をしてほしい。日本の歴史認識は北東アジア全体の未来のために望ましくない」と、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判。麻生氏は宙に浮いている盧武鉉(ノムヒョン)大統領の年内来日を要請したが、日程は確定しなかった。
 会談冒頭、潘氏は「最近になって歴史認識問題でさまざまな困難に直面し、残念に思う」と、首相の靖国参拝を念頭に遺憾の意を表明。ただ靖国問題に関する詳細な言及はしなかった、という。
 麻生氏は「誠心誠意、友好関係促進に頑張っていきたい」と、関係改善に意欲を示すとともに、小泉首相の靖国神社参拝にあらためて理解を求めた。

この記事を読むと、潘基文(バンキムン)外交通商相は、自国周辺地域のことを「北東アジア」と表現している。しかし、それだけでは、いつまでも日本に補償を要求し続けている国を「特定」できませんね。

ところで、このように韓国は、あいも変わらず「謝罪と反省」を要求。既に日本は何回も謝罪したし、戦後補償のことは「日韓基本条約」で解決済み。それなのに、壊れた蓄音機のように同じ言葉を繰り返す。こういう事実を見ていますと、外交に誠意がないのは韓国のほうだと思います。

日本は「和を大切にする」国柄。特定アジアは「優劣を気にする」国柄。いつまでも被害者意識を持ち続けるのは、ある意味「病的」に思えるのは、私一人だけでしょうか ?

ところで、麻生外務大臣殿、あなたは合掌するに、いちいち他人の理解を求めるのですか ?

|

« 国が行動計画 新型インフルエンザ | トップページ | 黒田さん、おめでとうございました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、TBありがとうございます。
まぁ、麻生大臣のコメントは外交辞令じゃぁないかなと思いますけど、かの国には不要な気遣いですよね。
またよろしくお願いします!

投稿: ピア | 2005年11月15日 (火) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/7120518

この記事へのトラックバック一覧です: 「特定アジア」-2:

« 国が行動計画 新型インフルエンザ | トップページ | 黒田さん、おめでとうございました。 »