« 投資と投機 | トップページ | 拉致問題は、我が問題 »

自民党改憲案-2

可変的に

本日の新聞紙面は、自民党の新改憲案でにぎやかです。

今まで、幾度か改憲草案が示されてきましたが、今回は衆院の与党が2/3を占めているせいか、現実味が帯びた印象です。

今回も第九条が話題の中心ですが、私は「改憲要綱」を重視しています。今も、両院の2/3以上、国民の1/2以上の賛成がなければ改憲ができないので、容易に変えられない状態です。しかし、自民党案は、両院の1/2、国民の1/2以上というハードルを低くしたものとなっています。

護憲派は、ホントに現憲法を守ろうとするならば、第九条に固執しないで、改憲要綱を見るべきです。

私は改憲派ですので、自民党案には賛成です。護憲派の人たちが言うように、「平和憲法だから国が守られてきた。」とは思わないし、憲法はお経や聖書ではないのですから、時代に合わせて変えていくべきものだと思います。だから「改憲要綱」があると思います。

|

« 投資と投機 | トップページ | 拉致問題は、我が問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こちらこそありがとうございます。
ホント、2分の1で改憲可能のところが、どうしても気になります。
現在、自民党で衆議院が3分の2、参議院では過半数ギリギリです。
ということは、既に単独で新憲法の改正が可能という事ですからね。

投稿: FUMI | 2005年10月29日 (土) 16時46分

やっと普通の国に近づいてきました。まさに時代に合った憲法であるべき。そして自分たちのこととしてNIPPONを考えていくことが大事だと思います。

投稿: ethnic | 2005年10月30日 (日) 14時51分

コメントありがとうございました。私も、所詮憲法は人の作ったもので時代に合わせて形を変えるのが当然であり、改憲が当然、護憲などありえないと思ってます。護憲派は憲法を勘違いしているのではないでしょうか?

投稿: てる | 2005年10月31日 (月) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/6715337

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党改憲案-2:

» 気になる改正点 [歯車のFUMI blog]
憲法改正のことです。 今度出来上がった草稿をみていると、 この憲法は、両院(衆参 [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 15時22分

» 改憲に対する私心 [ニッポンのこれから]
いくつかの憲法改正に関するblogを巡ってみました。簡単に言うと、日本の安全保障に対する教育の貧困が世論にもろに反映されていると感じました。まず第一に、反対派の多くが「改憲によって戦争ができる国になるから」反対と主張しています。私はこの主張に大きな違和感を覚えます。喧嘩は一人ではできません。必ず相手がいて起こるものです。戦争だって同じ。相手があって初めて成立するものであり、日本が自衛も含めた戦争放棄をしたか... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 08時06分

» よく分かる(?)シリーズ 憲法改正について [あれは,あれで良いのかな?]
自民党が憲法改正私案を発表しました。 もちろん,このとおり憲法が改正されるという意味ではなく,これから他党の私案等も踏まえてどんどん議論をしていくことになると思われます。 ところで,憲法改正については,漫然とイメージがわきながら,一方で「具体的にどう進む....... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 11時43分

» 自民党憲法改正試案 [はむはむの煩悩]
マジレンジャー、ストーリーがほんと予想どおりに展開するんだけど[:汗:] やっぱりおかあさん生きてたんだね[:楽しい:] なんともベタな展開である。もう少しひねって、いい意味で視聴者を裏切ってほしいと希望する次第である。 自民党が、憲法改正の草案を出した。 ほんの数年前まで、改正の可能性に少しでも言及しただけで袋叩きに遭っていたことを想起すれば、ついにここまで来たかと、感慨を深くしている次第である。 前文・七条解散の規定・八九条に基づく私学助成の問題等々、議論するべき点は多... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 15時32分

» 自民党の憲法9条改正草案に対して [兄やんの一言モノ申す]
自民党は、改憲論議の「たたき台」とすることを狙ったものらしいので、おもいっきり叩かせてもらうが、野党の動きがとても前向きにこの9条と向き合っていないように見えるのが気になります。 個人的には、憲法9条と沖縄の米軍基地は密接する問題としてもとりあげたかった....... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 16時31分

» 新憲法草案(9条関係) [時事珍宝(じじちんほう)]
自民党の新憲法草案が発表された 焦点の憲法9条は、戦争放棄をうたった現行の第1項の文言を、 首相の意向を受けてそのまま残した。 そのうえで、戦力不保持を宣言した現行第2項を削り、 日本の平和と独立と国民の安全を確保するため、首相を最高指揮権者とする 「自衛軍を保持する」と明記した。 自衛軍の活動内容には、国際貢献や、災害など緊急事態への対応も加えた。 政府が現行憲法では禁止されていると解釈している集団的自衛権の行使については 明文化しなかったが、行使を容認する立場で、具体的な内容は「安全保障基本法... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 21時06分

» 憲法改正について、語りませんかっ!学びませんかっ! [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
自衛軍保持を明記 自民党が初の改憲草案 自民党が改憲草案を発表した。 あなたは、憲法改正に賛成、あるいは反対。まずは、しっかりと自分の考えがもてるようにならなければ、いっぱしの大人とは言えない。 そこでおすすめの本がある 私は日本国憲法です。 この本は....... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 08時05分

» 自民憲法草案を読んでみて。 [la3751の日々雑感]
 自民党の憲法草案が発表された。すべての条文を通読してみた。  最初に議論されていたよりも、極端に走らず、穏当な改正が多い。  しかし、その反面、骨格が現在の憲法とほとんど変わっておらず、 手直しに止まっており、憲法を変えて、日本をどうしていきたいという 理念がまったく感じられない。  改悪されるよりは、よっぽどましなのだが。  その中でも、目玉の主な点は、前文の改定と、自衛軍の保持(9条)と、 国民に権利行使には責任があるとする国民の責務(12条)、 政教分離の大幅な緩和(20条... [続きを読む]

受信: 2005年11月 1日 (火) 01時47分

» ◆THE CONSTITUTION OF JAPAN [◆ 面白半分 腹立半分 ◆ ]
■下記の英文を和訳しなさい。解答は「 日本国憲法 」 の前文を参照し自己採点すること。  翻訳サイトを使うと大筋は訳せるが、なかなか滑稽な訳になってしまうのが難。  <翻訳サイト> Excite翻訳 livedoor 翻訳 nifty翻訳 OCN翻訳 So-net翻訳 THE CONSTITUTION OF ..... [続きを読む]

受信: 2005年11月 2日 (水) 00時16分

« 投資と投機 | トップページ | 拉致問題は、我が問題 »