« 自民改憲案 | トップページ | 成人病 »

自然葬

神も仏もない世界

神前結婚よりも信じられる、ということで「人前結婚」が盛んです。お金もかからないし、ハンドメイドの式を挙げられます。

同様にお葬式もすっかり様変わりしましたね。従来の仏葬の場合は、亡くなったらお坊さんを呼んでお葬式を挙げます。地方により習慣、慣習が異なるので一概には言えませんが、形式的でしかも大金がかかります。

それはおかしい・・・と言うことで、葬儀は執り行わず「お別れの会」などで済ます人が増えました。それに伴い、納骨をしないで海や山に「散骨」という形を採る人も増えているようです。なかには宇宙空間や月面を予約している人もいるとか。

しかし、「散骨」も法的な問題があるそうですね。

遺骨などをむやみに遺棄すれば、遺骨遺棄罪。また墓地以外の埋葬を禁じた、墓地埋葬法に抵触する可能性がある・・・と、言うことです。ただし、「自然葬」について国は「節度があれは違法ではない」とし「墓埋法の規制対象外」という見解を示しているそうです。

遺書に「自然葬」を希望する旨を記す場合は、遺族が困らないように、その時の法や条例の解釈をしっかり調べたうえで、親戚などの様子も見て準備したほうがよいと思います。

私の父も生前、仏葬はせず献花だけの「お別れの会」を希望していました。ところが実際に父が亡くなり、親戚にその旨を相談しました。

ところが、小生の住むイナカは、親戚中が熱心な仏教徒。仏葬をしなければ「八分にする」と脅かされ、已む無く「仏葬」で執り行いました。父の遺志は届きませんでした。

|

« 自民改憲案 | トップページ | 成人病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131161/6192108

この記事へのトラックバック一覧です: 自然葬:

« 自民改憲案 | トップページ | 成人病 »