トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

この忙しいときに

ロボッツ

「おーい、おい」真夜中に私を呼ぶ声。これで5回目、今、何時だと思っているんだ、もうすぐ空が明るくなる頃なのに・・・。

そして、朝。きょうから二学期。仕事に学校に出かけようとする まさにその時、私を呼ぶ。

どうせ、また同じことを喋るのだろう。後にしてくれ・・・。

と、心の中では叫んでいる。しかし、ここはグッと我慢。母を車に乗せてひとまわり。そしてようやく眠りについた。軽くなった体を抱いて布団のなかに。

と、その時また目が覚める。しかし、もう私を呼ばないでテレビを見ている。そして、またいつの間にか寝ている。

以前は、「私が赤ん坊のとき、母はこうして私を寝かしつけてくれたのだろうか・・・」と、思えたが、最近は面倒くささが前面に出る。恐らく顔に出ているだろう。

rob 誰か、私の代わりになってくれる人はいないだろうか。そういえば「介護ロボット」なんてテレビでやっていた。

さっそくネットで検索。出るは、出るは。私と同じような悩みを抱える人がたくさんいるのだろう。 低価格化、レンタル可、高性能、介護保険も使える ?

早速、市の社協に問い合わせてみた。「お取り扱いしておりません。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イケメン

9.11候補

が出揃いました。てまえどもの選挙区では予想通りの一騎打ち。

我が家の女性軍は、政策よりも若くてイケメンの候補を選ぶという。

pe あァ。何のため婦人参政権なのか。

もし、ぺさんとか、イさんが帰化して「ウリ二つ党」でも立ち上げたら、間違いなく第一党に?

と、いう悪夢にうなされてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おいしいな メロンパン

うまい ! !

わたしは、左党、辛党で、スイーツ類はまったくダメ。

ところが、三年前、高速道路のサービスエリアで食べた昼食が、焼きたてのメロンパン。

甘ったるい・・・というイメージが払拭された瞬間でした。

それ以来、メロンパンにハマってしまい、2年間で体重が6キロも増え医者に注意されています。

なぜ、こんなにおいしいのでしょう。最近、血糖値が気になりだしています。それを気にしないで楽しめるメロンパンの情報を持っている方、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたりまえ

気管切開

あたりまえのように動いていた体。あたりまえのように喋れたのに。それがある日突然、失われてしまう。

もし、自分がそうなったら、どんな気持ちになるだろう。障害を持った人を見ると、ときどきそう思う。

「失われた」と考えないで、「神様にお返しした」と考えるように・・・。と、ある宗教家が言っていた。しかし、そんな気持ちになれるだろうか。

以前、岳父の介護に立ち会ったことがある。病状がすすみ気管切開を余儀なくされた。麻酔から醒め喋れないことに、がっかりしていた様子に見えた。きっと喋りたいのだろうと思った。いまでこそ金さえ出せばなんでもそろってしまうが、当時はコミュニケーション機器なんてなかった。そこで、あいうえお順にひらがなを書いた表を作った。それで会話しようとした。

ところが、岳父は拒絶した。今考えると、それは会話が普通にできなくなった・・・という事実認識のダメ押しではなかったか。また、岳父にとっては嫁の夫に対する手前もあっただろうか。まもなく岳父は亡くなった。あの時以来、病気と闘う意欲が失せてしまったように感じた。

最近、大きくなった娘をみたとき、当時のことを思い出すことがある。静かな大切な時間を奪ってしまったのではなかったか。本当に申し訳ないことをしてしまった、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星になった少年

ホロリときました。

hosi またまた家内と一緒に、映画館にいってきましたョ。

主人公役の柳楽優弥君は、薄幸の少年を演ずるには最適だ、と監督気分でも楽しめました。普通の子を演ずることは、実はそうとう難しいらしいですね。そこから感動へともっていくのですから、さすが世界の人が選ぶ日本の男優です。実はこの柳楽優弥君は、数年前の長男にそっくり。他人事ではないような気がして見ました。

それから、見終わって、世界に飛び立つ若者に、あらためて感動です。型にはまらず、親も子も島国根性を抜け出して世界に羽ばたきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

台風一過

バタン ! !

突風が吹き荒れたかと思ったら、大きく叩きつける音。

gmss 樋(トイ)でも外れて飛んだのではないか・・・、「見てこようか ? 」「バカなこと言わないでよ、屋根から落ちたらどうするの。」

一夜明けて、あたりを見回すと、大きな木が倒れていたり、枝から折れていたり、テレビのアンテナが飛んでいたり、工場の屋根に大な穴が開いていたり。そこで我が家を見てみると、裏の屋根のトイが飛ばされていた。

新聞を見たら、私の住んでいる近所で、台風通過中に屋根に上って吹き飛ばされて亡くなった人がいたという。

この時期、よく大きな波を見に行って波に飲まれたり、山登りで転落したり。もったいないと思う事故が必ず起きる。

強い風のときは外に出ない。鉄則ですね。犠牲になった方のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9.11 選挙

地方無視 ! !

と、困惑する県連。郵政民営化を国民に直接問う・・・、と言うことだそうですが、なんのための議会制民主主義か ? と、最初は思いました。

koizしかし、よくよく考えて見ますと、これで郵政族議員が明らかになりました。それどころか、地方で応援していた議員が、国会ではわれわれの期待とはどうも違うことをしていたこともわかったような気がします。

議員のセンセイがたも、いままで通りというわけには行かない・・・ということで、小泉改革いよいよ佳境ということでしょうか。

さて、誰に投票しましょうか。私の場合は、前職が郵政民営化に賛成ですので問題なくその人に一票。

でも、刺客さんがきたところは、困惑を隠しきれないようですね。その地方の代表として国会に反映してくれるとは、到底思えませんね。かと言って前職は党籍から外されてしまうということですね。

郵政民営化、小泉改革賛成でなければ、自民党員に非ず。国民に非ず。と、いうことになるのでしょうか。それにしては、強権ですね。

いまに、改憲に賛成でなければ、国民に非ず・・・と、なるのでしようか。改憲には2/3の賛成が必要なのですね。どうもそれをにらんでいるような感じがしませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息ができない !

く、くるしい・・・。

と、言えなかった父。痰が絡むのでした。チアノーゼ状態に家族も蒼白。救急車を待つまでもなく自家用車を飛ばして救急病院に。一命をとりとめました。病院の手動除痰器を借りてきました。

soji ネブライザーだけではダメでした。痰の除去装置が必要でしたが、介護ショツプなんてものはない時代でした。とりあえず、カテーテルと家庭用掃除機を組み合わせて自家製痰取り機をつくりました。

すぐ自分の体で試運転。しかし、痛いし痰の処理にも困りました。そこで、病院で借りた手動除痰器を売ってくれないかと病院に聞いてみました。「あげますよ。」という返事。さっそく、その装置と掃除機とを組み合わせて改良版自家製痰取機をつくりました。自分の体で試運転。カテーテルの先端に麻酔ゼリーをつければ痛くないし、掃除機のパワー調整がそのまま機械の強弱になりました。

父が亡くなるまで、その装置は活躍しました。取り扱いが簡単で、父没後も掃除機はそのまま使えました。

当時、若かった私は、父を相手にいろいろな介護、介助器をつくりました。当時は、今のような制度、製品がありませんでした。また、私もお金がなかったので、家にあるものを組み合わせてその代用にしました。したがつて、使わなくなっても捨てることなく代用品はもとの「職場」に復帰しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肺炎

風呂の是非

はやいもので父が亡くなって10年。父の介護は3年間でした。そのとき脳梗塞の恐ろしさをはじめて知りました。

頚部が詰まってしまったので、患部は広範囲。したがって後遺症は重度でした。

onse その頃は、今のような介護機器も施設も制度もなく、暗中模索でした。特に困ったもののひとつが入浴。今のような入浴サービスなんてありませんでした。

父の入浴を、子どもの風船プールで試みましたが家中が水びたし。そこで、当時私は、産業機械の仕事をしていましたので入浴リフトを自作しました。家庭電圧で動くホイスト、お湯に漬けるとやわらかくなる性質があるナイロンスリングを工具屋さんから購入。ユニットバスの天井の点検口を利用して、入浴介助装置を完成。費用は、当時、すべてで20万円以内に納まりました。NHKの教育テレビでも紹介されました。こうして、ひとりでラクラク介助が可能となり、毎日風呂に入ってもらいまた。

ところが、入浴はマヒのある人には大きな負担。しかも脱水状態になりやすかったのでした。そんなことも知らないで調子よく入浴を続けていたら、肺炎になってしまいました。

いちど肺炎になると入退院を繰り返すことになります。結局それが原因で亡くなってしまいました。

今でこそ、バイタルチェック、水分補給の重要性を学べますが、当時は加速的に症状が重くなっていたので、その対応に振り回されて、精神的な余裕がありませんでした。余りに介護が大変で、まず母が介護拒否に。そのまま認知症に移行してしまったようです。

「介護」は、家族の考え方までも変えてしまったようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠りたいけど眠れない

昼夜逆転

夜中にゴソゴソしたり、夜のお散歩に出かけたり。気になって眠れない・・・。

医師から眠剤をもらって母に飲ませても眠らない。そこで、昼間に寝ないようにデイ・サービスを利用しようとしたけれど、他の人とうまくできなかったようです。

cat1 家庭内の介護も限界かと思ったりします。しかし、施設の入所について、固く拒否する母。あくまで、本人の「意思」を重視するのだそうです。そしてまた、母は周囲に迷惑を掛けているという意識はまったくないようす。ケアマネさんも形だけは親切な対応を装ってはいますが、完全にサジを投げているようすです。

昨夜は、またお金や写真がなくなったと大騒ぎでした。家族みんなで捜したけれど見つかりません。「警察に届けようか ? 」と聞くと、犯人は家内だと決めつけていました。

とにかく眠りたい。だから、母を連れて今日も地蔵参りのドライブに・・・。(今晩こそ、ゆっくり寝させてくれー ! )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何食べてるの

くちをあけて

「おかあさん、何か口に入れたみたい」と、不安そうな家内。

drops 「ねェ、口の中のもの見せてくれないかなぁ。」と、いったが最後。母は貝になってしまいました。「飲み込まないうちに早く見せて ! 」なんて言うほど硬くなります。

いよいよ「力ずくでも」かな。そう思ったとき、子どもが「何食べてるの ? 」と聞いていました。

母が返事をしようと口をあけたら、ポロリと飴玉が・・・。

ホッ・・・。でも、このまえの講演会で口腔衛生って言ってたね。歯医者さんはどうやって、こういったひとたちの治療をしているのだろうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自省史観

右翼化に警鐘

ano 最近、中国や韓国を批判する本が多すぎると思いませんか。自虐史観の反動なのか ?  中傷・侮蔑する表現が辛らつです。これでは、友好関係なんて遠のいていくだけ。

webの発達で、居ながらにして情報を得ることができますが、どうしても偏りがちになります。ネットだけでなく、本・新聞・実際に当事者に聞く(あるいは話し合う)という足を使った情報収集を提案します。

tok 中国や韓国を批判する人は、実際に韓国や中国の人とじっくり話し合ったのでしょうか。歴史教科書を読み比べたのでしょうか。戦争体験者の方から話を伺ったのでしょうか。歴史を正視するために、 映画やゲームなどのバァーチャルな世界から脱却して、より正しい情報を得ようとする努力が必要ではないでしょうか。

そんなことを考えていたときに出会った本、二冊を紹介します。「あの戦争はなんだったのか」 (大人のための歴史教科書) 新潮新書 756円、「『特攻』と日本人」 講談社現代新書 756円です。著者は、ノンフィクション作家の保坂 正康(ほさか・まさやす)氏。

この本を読んで、私は日本の「謙譲」という美徳、徳目を思い出しました。わたしたち日本人は素直に反省する心、なおかつ、それで萎縮しない強い心を持っているはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亡国のイージス

おもしろかったです

今回は、家内のリクエスト。もちろん一緒に鑑賞しましたよ ♪

ところで、今月末に進水予定の最新型イージス艦の名称に「待った」がかかったそうですね。

当初案は『大和』あるいは『長門』のようでしたが、「軍国主義復活」との批判を避けるために自己規制が働いたようです。

bouk お隣の国では、最近進水した空母に『独島』と命名したとか。

ただでさえも不穏な雰囲気ですから、これ以上緊張のタネをつくらないという配慮には賛成です。

以前、自衛隊の艦船の見学をしたとき、ときの総理大臣の写真が飾られていました。そうなんです、ソーリは最高司令官なんですね。でも、その写真を見てホントに士気が高まるのでしょうか。

ところで、もし、『大和』と名づける艦をつくるなら、サイテーでも波動砲は備えてもらいたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

どこにいったの

いっしょにつくりましょう

さいきんは、どこに入るにも「名札」が必要ですね。

父兄が、子どもの忘れ物を届けるにしても、学校でつくった「父兄であることを証明する名札」がないと、校内に入れないのだそうですね。その「名札」を忘れたばかりに、いえに「名札」をとりに行ったとか・・・。

盛況がつたえられる夏休みの愛・地球博。迷子センターも盛況だそうですね。

わたしの母も、お散歩が大好き。転倒して骨折してから、なるべく外に出るようにしています。しかし、かならず迷子になってしまいます。

sanp GPSペンダントも忘れてしまいます。わたしだって、車に乗るのに免許証を忘れることもありますから・・・。

そこで、すてきな名札を家内といっしょにつくりました。

着物の仕立ての経験がある母。そのできばえは見事なもの。外出着に縫い付けました。

翌日、散歩に出かけるとき、その名札をみた母が「すてきな名札ね、誰がつくったの ? 」。

「おかあさんのことが すきなひとが つくってくれたのでしょう。」と、家内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護されやすい人  

レーガン元大統領

は、自らのアルツハイマー病を公表したことがありましたね。

一瞬驚きましたが、世界中の人は好意で受けとめたと思います。それによって、彼の名は損なわれることなく、彼の名の空母も進水しました。彼は私たちに何を教えてくれたのでしょうか。rerg

介護をしていると、介護しやすいひとと、介護しにくいひとがいると思いませんか。ここの差はどこから生れるのでしょうか。

その人の介護を受ける前の状態がポイントだと思います。頑固な人は、介護が必要になってもやっぱり頑固。素直に指示に従ってくれれば、介護を受ける本人も、介護するひとも、ずいぶんと楽なのに・・・。

ハッと気がつきました。今の自分はどうなのか。いつ、みなさまのお世話になるのか分かりません。ひごろから介護されやすいひとになるように心がけたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

介護疲れ

介護は女性 ?

要介護 1 の認知症の母をみています。

軽度ですけど、少しずつ進んでいるな・・・。

盗まれた、なくなった、だれかにみられてる・・・から始まって、転倒して骨折。教科書どおりに進行しています。

ときどき母の好きな地蔵尊に、母と二人きりでドライブに。その日は少し安定します。

何よりも、家族の休息になります。いつも家内にばかり負担をかけて。なにもいわなくても大変なことわかっているつもりです。

介護度更新の手続きの通知が来ました。お医者さんが嫌いな母を連れて行くのは至難の業。誰か教えてくれないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

見出し変更

ダサイといわれちゃった

「いくぞ ! 中年パワー」で、デビューしたら、さっそく家族からツッコミが。

中年って書いてあると、「キモッ ! 」なんだそうである。

読みたくなるようなタイトルにしたら・・・ということで、開局して早々、まだお便りをいただいてない状態なので変えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちの環境 

ADSL 1.5M です

負け惜しみじゃないけど、速度にストレスは感じてないよ。

私は、古い富士通のデスクトップとノート。

子どもたちは、自作とかVAIOノートとか。オヤジより高性能のを使っている。

愛妻は、ときどきケータイからメールを送ってくれるよ。♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カメラ

銀カメです

自慢じゃないけど、25年もつかっている。

CONTAX、レンズはもちろんカール・ツゥァイス。

取り込むときはスキャナーから。やっぱりデジカメにはかなわない。

でも、うまれてはじめて最初のボーナスで買った思い出の品。大切に使ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の歴史

教科書問題 ?

近年、中学校の歴史教科書の採択が問題となっているね。

何が問題になっているのか、実際に子どもが使った歴史教科書と、扶桑社の来年から使う歴史教科書と読み比べてみたよ。

そんなに違いがないように思えたけど、扶桑社のほうが流れがあって読みやすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁ、やるでぇー 

みなさん、こんにちは。

はじめてのブログ。ワクワクしています。

いろんなコト書きたいけど、今日は初日だから、自己紹介。

愛妻と、元気印の三人の子どもたちに囲まれた、フツーのオヤジです。

おふくろの介護もしているよ。

趣味は、カメラに、野球に、釣に、ドライブに、映画鑑賞に。

でも、これからはブログといえるようにがんばりたいな。

よろしく、お頼み申す・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »